背中から内臓へ傷、独り言つぶやき執拗に 大阪の小2女児刺傷 (産経新聞)

 大阪市東住吉区の路上で、市立育和小2年、嵯峨根瑞奈(みずな)さん(8)が包丁で刺された事件で、瑞奈さんの傷は脇腹や背中など6カ所に及ぶことが18日、東住吉署への取材で分かった。背中にも内臓に達する深い傷を受けており、東住吉署は無職の玉置雪花(せつか)容疑者(32)が逃げようとした瑞奈さんを執拗(しつよう)に刺したとみて、詳しい動機を調べている。

[フォト] 小2女児刺した女は元看護師、父は「えらいことしてくれた」

 東住吉署によると、玉置容疑者は逮捕直後、「知らない女の子を刺した」と供述。その後、「子供を殺したかった」と話していることも判明した。

 玉置容疑者は17日昼ごろ、自宅から約4キロ離れた事件現場に自転車で向かったとみられ、犯行の約2時間前には現場付近で目撃された。約15分前には待ち伏せするかのように現場前の電柱の陰でぶつぶつと独り言をつぶやく姿が目撃されていた。

 東住吉署によると、瑞奈さんは2回目の手術が終わり、集中治療室での処置が続いているが、止血は成功したという。

【関連記事】
「包丁は自宅から」3日前に自転車購入 大阪・小2刺傷
小2男児「2学期からは女の子」
ドイツ女児2人解放 イエメンで昨年6月誘拐
赤いバイクで「ちょっとこっちに…」女児に声掛けの不審者情報相次ぐ 品川区 
児童ポルノ画像9000枚 わいせつ容疑の無職男を再逮捕
中国が優等生路線に?

<ナンジャモンジャ>瑞浪・神明神社で満開 雪が積もったような幻想的風景(毎日新聞)
大江参院議員、幸福実現党の選対本部長に(産経新聞)
早期幕引き狙うが…首相と小沢氏が背負う重い「責任」 (産経新聞)
横浜市の待機児童が最多更新、共働き世帯増も背景に(カナロコ)
宮崎県内10カ所で新たに口蹄疫の疑い 種雄牛の飼育施設でも(産経新聞)

70代夫婦が綴る 心豊かな食卓風景 岡西克明さん・松子さんブログ(産経新聞)

 京都在住の70代の夫婦が、日々の食卓の様子をつづったブログが人気を集めている。季節の食材を使ったパエリアやスープ、手作りパンなど心をこめた一皿一皿の写真と、温かな文章に、「おいしそう」「幸せな気分になります」と国内外にファンが広がり、これまでに1470万人がアクセスしている。

 ブログを立ち上げているのは、グラフィックデザイナーの岡西克明さん(73)と松子さん(73)夫妻。タイトルは「ばーさんがじーさんに作る食卓」だ。

 ブログを始めたのは、ちょうど5年前のこと。克明さんが人間ドックで、カロリー計算や減量が必要だと言われ、記録として食事の写真をとることに。デジカメを買ったことをきっかけに、ブログに挑戦したという。

 当初、「減塩、低カロリーだと、同じくらいの年代の人が見にきてくれるのかと思っていた」(克明さん)が、意外にも、20代、30代の若い女性たちが多く訪れるようになった。

 現在1日1万2千人が訪れる人気ブログの魅力は、何と言っても、料理。近所の農園からもらう旬の野菜、自宅で栽培したシイタケ、自家製の保存食などを、塩分や油分などに気をつけながら、松子さんが、スペイン料理、タイ料理にイタリアン、中華、と幅広いレパートリーで料理する。例えば4月の岡西家の食卓には「麻婆タケノコ」「伸びたブロッコリとドライトマトのパスタ」「春シイタケのスープ」と季節感たっぷりなメニューがのぼった。

 松子さんは料理を習ったこともなければ、外食もあまりしないという。頼りになるのは、本棚に数え切れないほど並んでいる、料理本。「なんだか、まだ作っていないものが、いっぱいある感じがします」

 毎日の食事作りは「ままごとみたいで楽しい」という松子さん。「一食一食を大事にしたい。楽しんで食べたいです。いつまで2人一緒にいられるかも分からないし」

 でも。「年を取って時間ができてからいろいろ、できるようになったんですよ。若いときは、楽しく家族で食べれば、それでいいじゃないですか。作んなきゃ、なんて思わずに」(松子さん)。「そう。たまに、やるぞ!ぐらいの気持ちでね」(克明さん)

 2人の温かな人柄に、「実家のようです」と心安らぐ人や、「お二人のように年をとりたい」とあこがれる人が後を絶たない。(岸本佳子)

医師不足や保険制度めぐり3議員が意見―医療政策シンポ(医療介護CBニュース)
雑記帳 五十鈴川の伏流水使った「横丁サイダー」人気(毎日新聞)
「医療の場であってはならない」=患者撮影、真岡病院が謝罪(時事通信)
<窃盗>5300万円相当、コントラバス5台など盗難…東京(毎日新聞)
小沢氏「百万、千万の味方を得たような気持ち」 谷氏出馬表明(産経新聞)

中国軍ヘリ異常接近、岡田外相に報告は4日後(読売新聞)

 武正公一外務副大臣は21日の衆院外務委員会で、中国軍の艦載ヘリが8日、東シナ海で監視活動中の海上自衛隊護衛艦に約90メートルまで異常接近した問題について、岡田外相が報告を受けたのは発生4日後の12日だったことを明らかにした。

 防衛省は8日夜に外務省に連絡したという。報告の遅れについて、岡田外相は「ヘリの接近が国際法上どういう扱いになるか、(中国側に抗議の)申し入れを行うべきかどうかを慎重に検討した」と釈明した。

 ただ、自民党の平沢勝栄委員が「まずは第一報を入れるのが危機管理の鉄則だ。遅すぎる」と批判したのに対しては、外相も「同じことを事務当局に言った」と述べ、省内の連絡体制に不備があったことを認めた。

<将棋>羽生が2連勝 名人戦第2局(毎日新聞)
心肺停止の男性死亡=都営バスに追突-東京(時事通信)
葛飾 両さん像を“応急手当て”(産経新聞)
<名張毒ぶどう酒事件>農薬以外の証拠 弁護団が主張の方針(毎日新聞)
初日はJICAなど9独法=仕分け第2弾23日にスタート(時事通信)
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ