総務省は15日までに、市町村合併に伴う現役議員の減少などで財政悪化が進む地方議員年金制度の改革法案について、18日召集の通常国会への提出を見送ることを決めた。制度の存廃について与党や地方議員側となお調整する必要があるためで、同省の小川淳也政務官は「(法案提出時期が)遅ければ来年の通常国会になる」と述べた。 

【関連ニュース】
制度廃止案など併記=公費負担増は不可避
財政支援盛り込まず=市町村合併新法で
どうなる地方議員年金=徳島・小松島市議員が掛け金拒否
党再生へ提言=自民大分県連
選挙戦、アイデア茶に商機!=特需にらみ「だるま」に「当煎」

ひいた女性をボンネットに乗せ7キロ逃走(スポーツ報知)
クレーン車横転、作業員2人けが 東京・八王子 突風原因か(産経新聞)
不動産ファンド装い3億円余詐取か=建設会社元社長ら逮捕-福岡県警(時事通信)
一票の格差 双方が上告(産経新聞)
自民・小野前議員が離党へ(時事通信)