大阪市東住吉区の路上で、市立育和小2年、嵯峨根瑞奈(みずな)さん(8)が包丁で刺された事件で、瑞奈さんの傷は脇腹や背中など6カ所に及ぶことが18日、東住吉署への取材で分かった。背中にも内臓に達する深い傷を受けており、東住吉署は無職の玉置雪花(せつか)容疑者(32)が逃げようとした瑞奈さんを執拗(しつよう)に刺したとみて、詳しい動機を調べている。

[フォト] 小2女児刺した女は元看護師、父は「えらいことしてくれた」

 東住吉署によると、玉置容疑者は逮捕直後、「知らない女の子を刺した」と供述。その後、「子供を殺したかった」と話していることも判明した。

 玉置容疑者は17日昼ごろ、自宅から約4キロ離れた事件現場に自転車で向かったとみられ、犯行の約2時間前には現場付近で目撃された。約15分前には待ち伏せするかのように現場前の電柱の陰でぶつぶつと独り言をつぶやく姿が目撃されていた。

 東住吉署によると、瑞奈さんは2回目の手術が終わり、集中治療室での処置が続いているが、止血は成功したという。

【関連記事】
「包丁は自宅から」3日前に自転車購入 大阪・小2刺傷
小2男児「2学期からは女の子」
ドイツ女児2人解放 イエメンで昨年6月誘拐
赤いバイクで「ちょっとこっちに…」女児に声掛けの不審者情報相次ぐ 品川区 
児童ポルノ画像9000枚 わいせつ容疑の無職男を再逮捕
中国が優等生路線に?

<ナンジャモンジャ>瑞浪・神明神社で満開 雪が積もったような幻想的風景(毎日新聞)
大江参院議員、幸福実現党の選対本部長に(産経新聞)
早期幕引き狙うが…首相と小沢氏が背負う重い「責任」 (産経新聞)
横浜市の待機児童が最多更新、共働き世帯増も背景に(カナロコ)
宮崎県内10カ所で新たに口蹄疫の疑い 種雄牛の飼育施設でも(産経新聞)