--長崎県知事選の敗因は

 「大差で負けたのは、大変残念に思っております。しかし、国政選挙と地方選挙ちゅうのは有権者の意識も違っております。私自身の不徳の致すところで、皆様にご迷惑かけたことについては大変申し訳なく思っておりますし、それが決してプラスの要因に働いたはずはないんで、その点はそのように思っております。自民党に勝つようになるには、個々の議員は有権者との信頼関係を一層強め、どのような状況下でも、有権者の支持を得られる民主党にならなくてはいけない」

 --収支報告書虚偽記載事件を「形式的なミス」というのは開き直りだ(読売新聞記者が質問)

 「読売新聞の判断は判断として結構ですが、別に開き直っておりませんし、隠そうともしておりません。検察の強制捜査の対象になり、結果として不正な事実はないことが明らかになった。私が意図的にあるいはおかしな考え方をもっているとは思っておりません」

 --国会で説明するか

 「国対を中心に与野党で国会運営をやっているのでその話し合いに任せたい」

 --どんな場で国民に説明するのか

 「全部、報告書に記載して公開になっておりますし、すべての資料、情報も捜査の対象になって捜査当局で調べた結果が出ておるわけで隠すことは何もありません。これからも全国を回っていきたいので、その機会で疑問があれば答えていくということだろう」 

 --消費税論議は

 「政策論議は原則として政府、内閣でやるので、消費税の問題だけじゃなくて、政策会議が本来の機能を果たしてないとの議論があって、それが政調(政策調査会)うんぬんちゅう話にすり替わっちゃっているんだろう。政策会議は政府と議論する場にするとスタートしたわけで、本来の目的に沿うように明日、政府側と運用を話し合う」

 --参院選マニフェストをどうまとめるか

 「検討の場が設けられる予定で、そこで議論され作成していくことになるだろう。基本的な考えは衆院選マニフェストと大きく変わるはずはない。それを前提にしながらの作業になる」

 --民主系会派は参院で過半数になったが社民党との関係は

 「選挙戦で過半数を目指すのと連立うんぬんは別問題で参院選は社民党、国民新党と協力を密にしたい」

【関連記事】
民主“利益誘導”選挙通じず 「小沢的なるもの」排除を
自民が審議拒否 知事選勝利、小沢氏喚問ら求め
鳩山首相、長崎知事選結果「政治とカネが影響」
長崎知事選 民主・石井選対委員長「結果厳粛に受け止め」
長崎知事選 社民・渕上選対委員長「国民の声真摯に」

<町田市長選>石阪氏が再選 東京(毎日新聞)
王将戦第4局 久保が勝ち3勝目(産経新聞)
小林氏の選対事務所維持費、北教組が「丸抱え」(読売新聞)
<温室効果ガス>家庭部門では半減 25%減へ国内のみ試案(毎日新聞)
3歳女児が変死=全身にあざ、自宅マンションで-福岡(時事通信)