地下銀行を運営したとして、宮城、福島県警の合同捜査本部は26日、国内に住むベトナム人の男女4人を銀行法違反(無許可営業)などの疑いで逮捕したと発表した。捜査本部は地下銀行が08年1月以降、総額約30億円をベトナムへ送金したとみて追及する。

 逮捕されたのは宮城県栗原市築館、中古機械輸出会社役員、グェン・バン・トウアン容疑者(27)ら4人。逮捕容疑は09年5~9月、日本からベトナムへの送金を依頼した6人から計83万円を預かり、ベトナム国内にある地下銀行組織から受取人へ日本円やベトナム通貨を支払い、無許可で銀行業を営んだとしている。

 捜査本部によると、全員が容疑を認めており、グェン容疑者は顧客から預かった金で農機具などをベトナムへ輸出し、現地の仲間が現金化して地下銀行の資金にしていたという。【鈴木一也】

【関連ニュース】
地下銀行営業容疑:韓国籍の女3人再逮捕 埼玉県警
地下銀行:営業容疑、韓国籍3人再逮捕--埼玉県警

“実践”訓練に緊張感 吹田・JR西「実習線」(産経新聞)
学力テスト事業参入、文科省の対応が障壁に(読売新聞)
<人事>警察庁(毎日新聞)
自動車関係税見直しで研究会=30日に初会合-総務省(時事通信)
<茨城空港>アシアナ航空機がオーバーラン(毎日新聞)