【ニューヨーク=今堀守通】岡田克也外相は31日昼(日本時間1日未明)、国連本部で開催されたハイチ支援国会合で、1月の大地震で壊滅的打撃を受けたハイチの復興に3千万ドルの追加支援を表明した。すでに発表している7千万ドルと合わせ、日本の支援総額は1億ドル(約93億円)になる。

 岡田氏はその後、国連本部で記者団に対し、今回の表明について「感染者対策、仮設住宅建設とかなりアピールできた」と述べた。また、これまで取り組んできた教育や医療、農業の3分野への支援も重視することを表明した。

【関連記事】
ハイチ支援国会合、総額38億ドルの拠出を国際社会に呼びかけへ
追加支援、前向きに検討 岡田外相がハイチ訪問
FIFAがハイチ支援 2億7000万円寄付
沖縄の歌手ら那覇で支援ライブ、ハイチ大地震被災者に寄付
ハイチの“マザーテレサ”日本人医師82歳、大地震からの復興へ奔走

後期高齢者保険料、2.1%増=来年度、都道府県格差2倍強-厚労省調査(時事通信)
歌舞伎座で最後の興行始まる=東京(時事通信)
EPA初、外国人看護師候補者3人が国試合格(医療介護CBニュース)
「祇園の夜桜」食べ残し狙うカラス集まり衰え(読売新聞)
高校授業料無償化法案、きょう成立(読売新聞)