13日の東京株式市場で、会社更生法の適用申請が固まった日本航空株が、1日の値幅制限の下限(ストップ安)となる前日比30円安の7円を付けて午前の取引を終えた。ストップ安は2日連続。出来高は東証1部全体の3分の1を超える6億2599万株に達した。
 日航の経営再建をめぐり、株主責任を問う形での上場廃止の公算が大きくなったため、前日に続いて投げ売りが膨らんだ。一方で、株価が初の1けた台となったことから、マネーゲーム的な短期の値上がり益を狙ったとみられる買いも入った。 

読谷村ひき逃げ、地裁が米兵拘置請求を却下(読売新聞)
<湯浅派遣村元村長>ワンストップ・サービスに思わぬ壁(毎日新聞)
宮崎市で初雪、九州各地で積雪…空路79便欠航(読売新聞)
05年にも4億円不記載=同時期にゼネコン「裏献金」-関連を捜査・東京地検(時事通信)
犬種の特徴、遺伝子解析=人間の病気解明にも貢献-米大学(時事通信)