31日午後7時ごろ、成田国際空港のA滑走路(4000メートル)で、離陸のため滑走していたオークランド行きのニュージーランド航空90便(ボーイング777-200型、乗員13人、乗客296人)が急停止した。主脚のブレーキが過熱し、タイヤから煙が出たため消防車が放水。A滑走路は約30分間閉鎖された。けが人はなかった。急停止した理由は不明だという。

 国土交通省成田空港事務所などによると、機体は滑走路北端の誘導路付近で停止。主脚のすべてのタイヤがパンクしていた。タイヤ交換と燃料の抜き取り作業のため、乗客は機内で深夜まで待機した。【山田泰正】

【関連ニュース】
航空機部品落下:エンジンの「腐食、破断」と報告書 成田
羽田空港:システム障害、210便に欠航や遅れ
羽田空港:管制に障害 欠航や遅れ 成田と一元化の初日
NY行き旅客機:ドア外側に布 成田に引き返す
訃報:山本雄二郎さん=成田空港地域共生・共栄会議会長

<訃報>山口比呂志さん81歳=文化通信社名誉会長(毎日新聞)
<水蒸気量>「気温に影響」温暖化対策議論に波紋(毎日新聞)
中絶率 佐賀県が最高 08年度調査 熊本、福岡も高水準(西日本新聞)
高齢者向け自転車 開発急ピッチ 低床、電動、簡単スタンド…「安心・安全」(産経新聞)
安保50周年 共同声明 米が格下げ要請 「普天間」の影響避ける(産経新聞)