本人確認をせずに「090金融」グループに携帯電話を貸したとされる携帯レンタル会社「モバイルカンパニー」(東京都新宿区)による携帯電話不正利用防止法違反事件で、警視庁生活経済課と巣鴨署は10日、同様の手口で振り込め詐欺グループにも貸したとして、同法違反容疑で、実質的経営者望月啓次容疑者(34)=静岡県沼津市東椎路=ら2人を再逮捕した。
 同課によると、望月容疑者は容疑を認め、「振り込め詐欺やヤミ金融業者に使われると思っていた」と供述しているという。
 逮捕容疑は昨年1月20日から29日ごろの間、2回にわたり、振り込め詐欺グループのメンバーだった同区の無職男(25)に、氏名や住所などを確認せずに携帯電話6台を貸した疑い。 

【関連ニュース】
撲滅月間の振り込め110件=警察名乗るカード詐取増加
「おかしいと思ったら通報を」=振り込め防止にふりかけ配布
詐欺容疑で東京都職員逮捕=転売目的で銀行口座開設
パチンコ攻略法の被害増加=業者9割所在確認できず
「だまされぬよう聞き分けて」=振り込め撲滅でキャンペーン

「政権交代の成果」と与党=自民、国際情勢考慮を(時事通信)
防大生3人逮捕 女性に暴行未遂の疑い(産経新聞)
民主小林議員に聴取要請=北教組資金提供-札幌地検(時事通信)
NATOと情報協定へ、アフガン治安関連に狙い(読売新聞)
<自民幹事長>徴兵制を検討? 誤報で談話撤回(毎日新聞)