羽根直樹本因坊(33)に山下敬吾天元(31)が挑む第65期本因坊決定戦七番勝負(毎日新聞社主催、大和証券グループ協賛)の第1局が11日、北海道小樽市のグランドパーク小樽で始まり、午後5時1分に羽根が71手目を封じて1日目を終えた。持ち時間各8時間のうち、消費は羽根3時間48分、山下3時間13分。12日午前9時、再開する。

 「ニギリ」の結果、3連覇を目指す羽根が先番となった。本因坊初挑戦の山下は旭川市出身で、道内での対局には特に力が入っているかもしれない。双方の着手は速かった。

 両者得意の布石から羽根が黒17と打ち込み、上辺で競り合いが始まった。白26から戦いは右上に移り、山下が地を稼いだ。競り合いは白62までで一段落。羽根は黒63と下辺の大場に回った。

 解説の仲邑信也八段は「白の大石には眼形がない。山下さんは攻撃タイプ。攻められるのは嫌なはずで、羽根さんのペースと思う」と語った。【金沢盛栄】

【関連ニュース】
囲碁:羽根VS山下、両者得意の布石 本因坊戦開幕
囲碁:本因坊決定戦第1局 11日から北海道小樽市で
囲碁:アジア大会へプロ棋士派遣
囲碁:早慶、15回の授業で単位取得
囲碁:飛田さんが女流アマ選手権初優勝

鳩山首相「おわび行脚」ひたすら低姿勢 言葉はまた“空回り”(産経新聞)
富士ソフト元課長代理を逮捕=2700万円背任容疑-大阪府警(時事通信)
寂光院 放火から10年 消防訓練で思い新た(毎日新聞)
<陸山会事件>石川議員「形式犯」主張 毎日新聞単独取材に(毎日新聞)
寝ころんで見ちゃダメ…3Dテレビ視聴“ルール”(産経新聞)