1等と前後賞合わせて3億円が当たるドリームジャンボ宝くじの発売が12日、全国で始まった。当選本数は27ユニットの場合、1等(2億円)が27本、前後賞(各5000万円)が54本、2等(1億円)が81本など。発売期間は6月4日まで。抽選日は同15日。

 名古屋市中村区の名駅前チャンスセンターでは、午前9時の開店前に約100人が列を作った。午前10時ごろに100枚を買ったという愛知県半田市の自営業の女性(64)は「発売日に行ったら当たるかもしれないとひらめいて来ました。当たったら商売をやめて土地と家を買いたい」と期待に胸をふくらませていた。【岡村恵子】

【関連ニュース】
<関連記事>ドリームジャンボ:発売始まる 銀座では300人が列
<関連記事>ドリームジャンボ宝くじ:「笑顔にしたい」 幸運の女神がPR /大阪
<関連記事>香取慎吾:キャラ就任中は「ロト」買い続ける

横浜市の待機児童が最多更新、共働き世帯増も背景に(カナロコ)
<普天間移設>「沖縄の負担全国で」…首相、理想タテに続投(毎日新聞)
<普天間移設>防衛相、沖縄知事と会談 政府案の理解求める(毎日新聞)
中国・温首相30日来日=外務省発表(時事通信)
<囲碁>羽根、逆転勝ち 本因戦第1局(毎日新聞)