小学校の体育館を燃やそうとしたとして、宮城県警仙台南署は16日、仙台市若林区の中学校に通ういずれも14歳の男子生徒2人を非現住建造物等放火未遂と器物損壊容疑で逮捕した。同署によると、2人は「火をつけるのが楽しそうだった」と容疑を認めている。
 逮捕容疑は15日午後7時45分ごろから16日午前1時ごろまでの間、同区の市立古城小学校の体育館北側の引き戸にライターで火をつけ、燃やそうとした疑い。
 火は少年たちが足で消したため、引き戸のベニヤ板が焼けただけだった。校庭のサッカーゴールのネットにも火をつけたが、自然に消えたという。近所の人の通報で同署員が駆け付け、近くの路上にいた2人を見つけた。 

【関連ニュース】
「介護した女性に薬物」と供述=放火で起訴の元介護士
元従業員の男逮捕=会社役員殺害容疑
サンタ姿の男、会社襲い放火=暴行受け社長が重傷
死亡夫婦の頭部に外傷=民家火災、けがの長男を聴取へ
裁判員裁判、執行猶予の男逮捕=保護観察中、窃盗容疑

将棋 久保が三間飛車 王将戦第1局(毎日新聞)
申請率、80%に改善=介護職の処遇改善交付金-厚労省まとめ(時事通信)
首相や民団が外国人参政権で「推進大合唱」 原口総務相は慎重姿勢も(産経新聞)
「捜査が進めば小沢氏が判断」=説明に期待-鳩山首相(時事通信)
<スキー場>雪たっぷり 絶好のコンディション 岐阜・郡上(毎日新聞)