千葉景子法相は12日午前の記者会見で、選択的夫婦別姓を導入するための民法改正案について「さらに私も努力を重ねていきたい」と述べ、今国会提出を図る考えを改めて示した。法務省が目指してきた12日の閣議決定は見送られたが、「ねばり強くやらなければならない問題だ。(12日に)間に合えば超したことはないが、落胆することではない」と強調した。

 閣内で国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相が反対していることに関しても「いろいろな角度から、あるいはみなさんの力も借りて、より一層の努力をしていく」と述べた。

【関連記事】
選択的夫婦別姓で民主紛糾 性急な法案提出に慎重意見も
亀井氏、夫婦別姓に改めて反対「家庭に悪影響」
夫婦別姓法案で千葉法相、党議拘束外しを示唆
廃れる先祖への敬慕 戸籍も墓も個人単位
個人の自由?家族解体? 選択的夫婦別姓、議論沸騰
20年後、日本はありますか?

反対PT、招致応じず 自民都議「都合つくまで調整」(産経新聞)
療養中の妻放置・衰弱死させた自衛官を懲戒免職(読売新聞)
高校無償化 朝鮮学校、一転適用へ 教科書は金総書記の決裁必要(産経新聞)
<エゾバフンウニ>ラッコに3トン食べられて壊滅状態 根室(毎日新聞)
梅香る南朝の夢の跡 賀名生梅林(産経新聞)