童謡詩人として今なお人気がある金子みすヾ(1903~30)の没後80年を記念した展覧会「金子みすヾ展~みんなちがって、みんないい。」(毎日新聞社主催)が24日、大阪市中央区の大丸心斎橋店北館14階のイベントホールで開幕した。

 西條八十にその才能を称賛されたが、結婚、出産を経て、やがて自死する運命をたどった。会場では、山口県下関市の遠縁宅で見つかったみすヾの17歳前後の写真が初公開されている他、自筆の手紙、遺稿集など26年間の生涯をたどる貴重な資料が並ぶ。また、漫画家の里中満智子さんらみすヾファンが思いを表した絵やイラストなども展示されている。

 4月5日まで。会期中無休。入場は10~19時半(最終日は17時半)。一般700円、大高生500円、中学生以下無料。【有本忠浩】

【関連ニュース】
電子書籍:普及で総務などの3省合同の懇談会が発足
電子書籍懇談会:漫画家ら不信感--初会合
支局長からの手紙:男と女の間には /奈良
公演:劇団「態変」の金さん、あすからソロ新作--東心斎橋 /大阪

民主、役員会で生方氏留任を確認へ 小沢氏は4時半から会見(産経新聞)
<狩野探幽>水墨画「雲竜図」の作者と判明 京都・興正寺(毎日新聞)
1都2県でひったくり70件以上 容疑の男追送検(産経新聞)
普天間問題 首相「県外は困難、気持ちを大事に…」(産経新聞)
米医療保険改革を評価=長妻厚労相(時事通信)