自民党の石破茂政調会長は24日の党大会で政策報告を行い、政府・民主党が通常国会に提出の方針を決めた永住外国人への地方参政権(選挙権)付与法案について「憲法上の議論が多く残り、国民的議論も成熟していない。私どもは拙速な法案成立に断固反対する」と述べ、党として法案に反対する考えを表明した。

 また「(憲法上の)住民とは日本国民をさすと考えており、私どもは多くの疑義があると考えている。国の形そのものにかかわる問題だ」とも強調した。

【関連記事】
「進歩を目指す保守政党」 自民、党大会で新綱領発表
自民党新綱領の要旨
ノムさん自民党大会で講演、自民と楽天にチクリ
「互いに再生へ出発」 自民党大会で山口公明代表
政治の閉塞 平成の龍馬はいないのか 

センター試験の外国人参政権「容認」 川端文科相「問題ない」(産経新聞)
「財宝発掘」ファンド業者に処分勧告=出資金ずさん管理-監視委(時事通信)
一票の格差 2倍超また「違憲」 広島高裁 国会、対応迫られる(産経新聞)
きょう元事務長の控訴審判決=一審無期、死刑適否が焦点-岐阜6人殺傷・名古屋高裁(時事通信)
<リコール>BMW15車種、ロールスロイスも4車種(毎日新聞)