IT関連会社を装い、若者を中心に端末機代や登録料名目で約7億1千万円を集めた「ライブリー」(解散、大阪市)によるねずみ講事件で、京都地検は4日、無限連鎖講防止法違反罪で、同社元会長、城間勝行(37)と、元社長、柏木文男(47)、元役員の前田壮一(33)の3容疑者を起訴した。

 同容疑で逮捕されていた関連会社取締役の男性(44)については「出資提供はしていたが、(ねずみ講の)実体については知らなかった」として不起訴(嫌疑不十分)処分とした。

【関連記事】
カタログ事業でねずみ講 通販業者に返還命令 京都地裁判決
組織トップに2年で3千万円配当 ライブリーねずみ講
IT企業装い若者狙う ねずみ講事件
ネット端末ねずみ講、被害2千人7億円超 容疑の業者逮捕
「2万2千円ポッキリで…」ねずみ講容疑で親子逮捕

<寛仁さま>不整脈のため再入院(毎日新聞)
黒澤明財団への寄付金、3億8800万円不明(読売新聞)
<訃報>登川直樹さん92歳=映画評論家(毎日新聞)
遮断棒折れ3万4千人に影響 JR学研都市線(産経新聞)
京都フリースクール虐待、元経営者に懲役3年6月(産経新聞)