11日午後10時55分ごろ、名古屋市中区錦2の市営地下鉄鶴舞線伏見駅で、女性が上小田井発赤池行きの電車にはねられ、外傷性ショックで収容先の病院で死亡した。県警中署の調べでは、愛知県日進市の病院職員(29)。目撃者の話では、女性は線路からホーム(高さ1.25メートル)にはい上がろうとしているところを、進入してきた電車と接触したという。同署で経緯を調べている。

 市交通局によると、当時ホームには人が少なかったという。この影響で同線は約40分間、運転を見合わせ、約700人に影響が出た。【山田一晶】

【関連ニュース】
列車往来危険:受験でストレス、踏切に自転車…中3を逮捕
山手線:線路内に男性 緊急停止3万人に影響
JR京浜東北線:男性はねられ重体 ダイヤ乱れ3万人影響
JR福知山線脱線:元2部長の不起訴不当議決 検察審
列車事故:特急とトラック衝突 乗客ら41人負傷 北海道

<将棋>久保棋王が勝利 A級へ昇格決定(毎日新聞)
小沢氏、資産報告書に貸付金4億円の記載なし(読売新聞)
<内閣府世論調査>殺人の時効 25年は「短い」が過半数に(毎日新聞)
志賀高原で雪崩、ホテルに流れ込み2人けが(読売新聞)
3人死亡、運転の容疑者「報道でひき逃げ知った」(読売新聞)