プロ将棋棋士元名人の加藤一二三さん(70)が自宅のある集合住宅で規約に違反して野良猫に餌を与え、汚れや異臭などの被害を出したとして、管理組合や住民が餌やりの中止と約640万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁立川支部(市川正巳裁判長)は13日、加藤さんに餌やりの中止と約200万円の賠償を命じた。
 訴状によると、加藤さんが餌やりを始めたのは1993年ごろから。東京都三鷹市の庭付き2階建てのテラスハウス型集合住宅で、加藤さんは朝晩、玄関前や庭で餌を与えた。
 多数の猫が集まることがあるほか、別の庭に侵入して建物周辺の汚れや異臭がひどくなり、自動車の屋根に傷を付けられる被害まで起きたとしている。 

【関連ニュース】
元名人の猫餌やり訴訟で判決へ=集合住宅で管理組合訴え
羽生が3連勝で「王手」=将棋名人戦
「もう一花、全盛期の将棋を」=旭日双光章の内藤国雄さん
羽生が2連勝=将棋名人戦
羽生が先勝=将棋名人戦

高額布団販売で7人逮捕=「上下セットで40万円」-大分県警(時事通信)
元教官、二審は執行猶予=少年院の収容者暴行-広島高裁(時事通信)
首相、23日沖縄再訪固まる(時事通信)
死刑執行「当分行われない」 廃止議連・亀井氏が発言(J-CASTニュース)
医師・看護師とも「充足」の病院は87.5%―厚労省調べ(医療介護CBニュース)