「女流棋士との親睦将棋会2010」(後援・報知新聞社)が17日、都内で行われ、里見香奈女流名人・倉敷藤花(18)、矢内理絵子女王(30)ら女流棋士32人が出席した。

 16日の将棋大賞表彰式で初披露したスーツ姿から一転、華やかな桃色の振り袖姿で登場した里見2冠は「ずっとファンの方と過ごすことはめったにないので、すごく楽しいです」と笑顔。指導対局で男性ファンに粘られると「勉強になります」と謙虚に語った。

 一方の矢内女王は「アラサーらしく、しっとりと」とモノトーンの着物姿で約250人のファンを魅了した。甲斐智美女流二段(26)の挑戦を受けている第3期マイナビ女子オープン5番勝負では2連敗中。敗れれば4年ぶりの無冠となる第3局を19日に控えるだけに「本当に将棋が好きな皆さんと触れ合えて、すごく気分転換になりました」とリフレッシュした様子だった。

 【関連記事】
里見女流2冠“制服卒業”初スーツで笑顔
里見女流2冠“制服卒業”初スーツ
甲斐女流2段、矢内女王に連勝…将棋
女流棋士 里見香奈 女流名人 を調べる

純金や銀のミニチュアかぶと展示販売(産経新聞)
【ECO最先「探」】夢の植物性固形燃料 CO2実質排出量ゼロ(産経新聞)
船橋で潮干狩り始まる 家族連れでにぎわい(産経新聞)
なぜ長引くのか アイスランド噴火の影響(産経新聞)
東北新幹線 八戸-新青森駅間で走行試験(毎日新聞)