米粉加工会社「三笠フーズ」(大阪市、破産手続き中)による事故米転売事件で、不正競争防止法違反罪に問われた元同社顧問宮崎一雄被告(78)に対し、大阪地裁の西田真基裁判長は12日、「食の安全への信頼を失墜させた」として懲役2年6月、執行猶予4年と罰金300万円(求刑懲役2年6月、罰金300万円)を言い渡した。
 西田裁判長は「取引先や一般消費者を顧みず、自己の利益を図ろうとした。組織ぐるみで巧妙、計画的な犯行だ」と述べた。 

【関連ニュース】
〔ニュース解説〕揺らぐ食品への信頼
ミカド、破産手続きに移行へ=帝国データ
元理事長、業過致死罪で起訴=山本病院事件
山本病院事件、容疑者が死亡=留置場で突然倒れる
高齢者が7割、過去最高=点検商法・押し売りの被害

二条城もネットで散策 グーグル画像公開サービス、32施設追加(産経新聞)
<警視庁>異例の捜査1課長を解任 女性トラブルで(毎日新聞)
リュックの遺体は乳児! 東京・三鷹(産経新聞)
一票の格差「憲法上好ましいものではない」 東京高裁 (産経新聞)
能古島切断遺体 尻に複数のあざ 他の部位を捜索(毎日新聞)