少女への強制わいせつと強盗容疑で逮捕され、釈放されていたサッカーJリーグの茂原岳人元選手(28)について、東京地検は18日、不起訴処分とした。
 地検は「強制わいせつの事実はなく、強盗については嫌疑不十分」としている。少女側は逮捕後、告訴を取り下げていた。
 茂原元選手は東京都渋谷区内の駐車場で昨年12月、少女にわいせつな行為をし、現金数万円入りの財布を奪ったとして2月13日に逮捕されたが、拘置期限前の同19日に釈放されていた。
 茂原元選手の話 全くの冤罪(えんざい)で逮捕されたことは残念でならない。このような誤った捜査が繰り返されないことを強く望む。 

【関連ニュース】
「強盗強姦罪成立しない」と上告=裁判員裁判初の性犯罪
可視化法案、今国会見送り=提出は来年以降
女性社長殺害で無期求刑=49歳男の裁判員裁判
女性社長殺害認める=49歳男の裁判員裁判
男性放置死、2人に懲役23年=強盗致死の裁判員裁判

<奈良>5月に赤ちゃん誕生だった 矢刺さり死んだ雌ジカ(毎日新聞)
黒澤財団寄付金2・8億流用 伊万里市、法的措置も(産経新聞)
22年度予算が参院本会議で可決成立(産経新聞)
女性社長殺害で無期求刑=49歳男の裁判員裁判-水戸地裁(時事通信)
将棋 王将戦 久保棋王“5度目の正直”の勝利(毎日新聞)