和歌山県警和歌山東署は21日、千葉県東金市東金、無職海保みどり容疑者(23)を詐欺容疑で逮捕した。

 発表によると、海保容疑者は昨年6月、共通の知人を通じて知り合った和歌山市内の会社員女性(23)に、男性を紹介するとだまし、実在しない「ユウト」という人物になりすましてメールのやり取りを始めた。

 同7月、女性に電話をかけ、「『ユウト』は組員で、迷惑料を払わなければならない」などとうそをついて、50万円を振り込ませた疑い。

 海保容疑者から、女性の携帯に送られてきた「ユウト」の顔写真が、携帯サイトに掲載された別人の画像だったことが分かり、詐欺だと気付いた。

下請代金減額は違法、日産子会社に公取委勧告(読売新聞)
介護現場の「ありのまま」描いた映画、17日から公開(医療介護CBニュース)
<通天閣ロボ>「一日署長」で犯罪防止に活躍 大阪・浪速署(毎日新聞)
人材確保狙い民主、自民が政治スクールを相次ぎ開講 長野(産経新聞)
愛知・豊川の家族5人殺傷 ネット回線再解約が引き金に(毎日新聞)