平野博文官房長官は27日午前の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題に関し、受け入れ先の地元自治体への対応について一般論と断りながら、「手続きも含めて法律でやらなければならない場合もある」と述べ、法的決着もあり得るとの考えを重ねて示した。
 平野長官は一方で、「地元の協力を得てやらなければならいと一貫して言ってきた」とも語り、土地の強制収容など強硬手段は回避したいとの考えを強調した。 

渋滞の車列に大型バイク追突、男性死亡 大阪中央環状線で(産経新聞)
募集人員は10万12人=国公立大入試で訂正-文科省(時事通信)
普天間「覚悟を持って決める」=5月末までに、首相言明-参院予算委(時事通信)
マンション非居住者に「協力金」最高裁認める(読売新聞)
モニターに大量血痕の現場写真、被告はまばたきを繰り返し…(産経新聞)