7日午前8時10分ごろ、熊本県山都町北中島の陸上自衛隊大矢野原演習場で、砲撃訓練中に迫撃弾の着弾地点付近から出火した。演習場内の枯れ草に燃え広がり、同日正午現在で50ヘクタールを焼いた。陸自と県の消防ヘリコプター計4機が散水するなどして消火作業をしている。付近に民家はなく、延焼の恐れはないという。

 陸自第8師団(熊本市)によると、同日午前7時ごろから宮崎県都城市の第43普通科連隊迫撃小隊の17人が、81ミリ迫撃弾の砲撃訓練をしていた。

 大矢野原演習場では、06年1月にも訓練中に枯れ草150ヘクタールを焼いた。【大塚拓三】

【関連ニュース】
<演習の様子を写真で見る>陸上自衛隊:富士総合火力演習 隊員2400人が演習参加
ハイチ大地震:PKO派遣の自衛隊員 羽田などから出発
昭和毎日:北富士演習場で射撃演習強行
携帯ストラップ:自衛隊売店で「回天」「桜花」 「不謹慎」販売中止
日米共同訓練:国に中止を要請

<鳩山首相>小沢氏報道「冷静に見守る」(毎日新聞)
鳩山首相「検察は公正に判断」 幹事長続投も明言(産経新聞)
悔い無き最期、迎えるために 求められる「死の予習」(産経新聞)
<つくば風車>業者丸投げ 助役も賠償責任 東京高裁(毎日新聞)
【中医協】再診料統一、診療側と支払側の溝埋まらず(医療介護CBニュース)