東京都文京区の光源寺の仏像「駒込大観音(おおがんのん)」を巡り、寺が頭部を無断で取り換えたのは著作権侵害として、制作した仏師の遺族が寺に元の頭部に戻すことなどを求めた訴訟の控訴審判決で、知財高裁は25日、経緯を説明する広告を毎日新聞などに掲載するよう命じた。飯村敏明裁判長は「著作権侵害に当たる」と判断したが、1審・東京地裁判決(09年5月)が認めた原状回復請求は退けた。

 旧大観音は1697年につくられ1945年の東京大空襲で焼失。寺の依頼で仏師が93年、新しい仏像(高さ約6メートル)を制作した。しかし、檀家(だんか)の一部から「目が怖い」と苦情が寄せられたため、寺は仏師の弟子の制作した頭部と取り換えた。

 高裁は1審同様に「頭部取り換えは、仏師の意思に反する改変」と指摘。一方で「頭部を元に戻せば寺が仏像全体を焼却することが推測される。元の頭部も観音堂に保管されており拝観は可能」と原状回復を認めず、新聞広告で仏師の名誉は十分に回復されると結論づけた。【伊藤一郎】

【関連ニュース】
著作権侵害容疑:「桃太郎電鉄」キャラ無断使用で書類送検
電子書籍:普及で総務などの3省合同の懇談会が発足
キャメロン監督:原爆「映画化の意思変わらず」
日本電子書籍出版社協会:出版31社が設立 著作権など研究
電子書籍懇談会:漫画家ら不信感--初会合

「鈴木」姓 全国一多い浜松市に「楽会」(毎日新聞)
阿久悠さん 顕彰モニュメントの鐘 兵庫県洲本市に完成(毎日新聞)
<振り込め詐欺>「キング」に懲役20年判決…東京地裁(毎日新聞)
原発賛成2氏人事案に署名?棄権?揺れる社民(読売新聞)
郵貯限度額引き上げに懸念=改革案は「民業圧迫」-野田財務副大臣(時事通信)