民主党の輿石東参院議員会長は23日、鳩山由紀夫首相が沖縄県を訪れ、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古周辺への移設方針を表明したことについて、取材に対し「県民の理解を得ようとする首相の努力を評価する。今後の推移を見守るしかない」と述べた。
 ただ、同党内には、政府案が迷走の末にほぼ現行計画通りとなったことで、政権批判がさらに高まり、夏の参院選に悪影響を与えると懸念する見方もある。幹部の一人は「5月決着を言い出した首相には責任がある」と指摘。執行部に批判的な中堅議員は「誰も責任を取らずに参院選には臨めない。首相は胸に手をあてて責任の取り方を考えた方がいい」と語り、首相に退陣を促した。
 一方、国民新党の下地幹郎国対委員長は、日米両政府が調整している沖縄の負担軽減策について、「沖縄県民は注視している。首相が誠実に一つ一つ解決していけば県民の理解も得られる」と語った。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦~米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで~
【特集】沖縄と米国海兵隊~ペリーと黒船でやって来た海兵隊~
【特集】迷走!普天間移設~シュワブ沿岸部移設で日米大筋合意~
【特集】米国海兵隊兵器総覧~沖縄に配備されているのは?~
【特集】「陸山会」土地購入事件~小沢氏、再び不起訴=検察審が再審査へ~

民主・渡部氏、参院過半数割れなら首相辞任不可避(産経新聞)
口蹄疫 半径10キロ以内を殺処分に 政府検討(毎日新聞)
海上保安庁に虚偽通信 無職男を逮捕 大阪府警(産経新聞)
口蹄疫 台湾が宮崎県に義援金(産経新聞)
日米合意文書、月内作成へ=桟橋工法、実現困難に―普天間移設(時事通信)