2014年06月18日

探検手帳006~010に行ってきたよ

006
ある漁師が見た景色。
放浪の神に見守られ、釣り糸を垂らす。眼下に見える塩の柱を目に、5年前の惨劇を思う。
探検手帳06

探検手帳06
ソルトストランド
低地ラノシア(23.40)ET18:00~4:59晴れ 見渡す


007
ある農夫が見た景色。
農夫の朝は早い。門の上に立ち、朝霧に濡れた畑を見て、地味な野良仕事に備えて心を奮い立たせるのが日課だ。
探検手帳07
探検手帳07
レッドルースター農場の畑
低地ラノシア(33.19)ET5:00~7:59霧 見渡す


008
ある灯台守が見た景色。
青い空、青い海。船を導いていた灯台の灯りを消したあと、エールをひっかけながら見る海の眺めは最高だ。
探検手帳08
探検手帳08
ブルワーズ灯台
西ラノシア(19.20)ET8:00~7:59晴れ 見渡す


009
ある革細工師が見た景色。
子供だった頃、よく工房内を一望できる場所に立って、職人たちが働く姿を眺めたものだ。空が陰り、肌寒い日は特にな。
探検手帳09
探検手帳09
革細工師ギルド
グリダニア旧市街(12.8)ET12:00~16:59曇り 見渡す


010
ある少年が見た景色。
ざーざー流れる滝が、お気に入りの場所。寝たふりをして家を抜け出して、秘密の道を通って、大人が来れない高いところに行くんだ。
探検手帳10
探検手帳10
アプカル滝
グリダニア旧市街(10.6)ET18:00~4:59快晴 見渡す

l_a_blog at 09:38|PermalinkComments(0)

2014年06月17日

探検手帳001~005に行ってきたよ

せっかくの探検手帳なので、
自分で風景を撮影していってます!><
003は撮影しそびれたので2回行きました…
がんばってアプカル散歩するぞー!
.。゚+.(・∀・)゚+.゚


001
ある商人が見た景色。
眼下を見やれば、そこには赤き帆の軍艦が三隻。海都「リムサ・ロミンサ」の底力を感じた。
探検手帳01
探検手帳01
バラクーダ埠頭
リムサ・ロミンサ上甲板層(9.7)ET8:00~11:59 見渡す


002
ある海賊が見た景色。
酒を飲めば気分は大物。ヤバイ奴らの縄張りで、大物気取りで港を一望。翌日、目が覚めたら吊るされていた。
探検手帳02
探検手帳02
探検手帳02
海賊船「アスタリシア号」
リムサ・ロミンサ下甲板層(6.15)ET18:00~4:59快晴 見渡す


003
ある船乗りが見た景色。
出漁前の俺だけの儀式。朝日届かぬ薄暗い洞穴で、逝った仲間に黙祷する。静かな雨音を、鎮魂歌に代えて。
探検手帳03
探検手帳03
シーソング石窟の慰霊碑
中央ラノシア(20.19)ET5:00~7:59雨 祈る

004
ある荷運び人が見た景色。
辛い力仕事の合間、休憩中に見る景色が好きだ。青空に浮かぶ気球の美しさよ。
探検手帳04
探検手帳04
スカイリフト
中央ラノシア(16.17)ET12:00~16:59晴れ 見渡す


005
ある警備兵が見た景色。
灰色の空のように気分が晴れないときは、高所に登る。先人が拓いた街道を見て、開拓の苦労に思いを馳せる。
探検手帳05
探検手帳05
ラザグラン街道
中央ラノシア(25.27)ET8:00~11:59曇り


l_a_blog at 20:19|PermalinkComments(0)