1月27日 地元、東京都江戸川区にある新中川沿いに設置してあるソーラー照明灯のリノベーション工事が行われました。
renov_jirei_tokyo_0127
最初の写真はリノベーション前のソーラー照明灯です。灯具はLEDでなく蛍光管(ACで点灯)でした。基礎のコンクリート土台に固定されているのは大きなメインテナンスBox。鉛蓄電池のほかに蛍光灯を点灯させるためDC/ACインバーターも入ってました。
つまり、以下のような効率の悪いシステムになってました(かなり、昔に設置されたもののようですので当時としてはこれでよかったのでしょう。)
0128_renovation_jirei_01

(お昼過ぎから工事開始!)
0128_renovation_jirei_02
最初に現在のソーラー、バッテリーBox、灯具(蛍光管)を撤去しました。
ソーラーパネルはそのまま使用の可能性も検討しましたが、すでに10年以上経っておりこの機会に新品にしました。









0128_renovation_jirei_03
残ったポールと基礎にまずはミドルキャパ灯具を取り付けます。
電気工事は江戸川区の電気工事会社さんのムライ電気工業様に行なっていただきました。









0128_renovation_jirei_04
次にソーラーパネル(下部にバッテリー+制御回路内蔵)をポールに差し込み、バッテリーからの出力ケーブルをLED灯具への入力ケーブルと結線します(ソーラーとバッテリーは弊社工場出荷時点で接続済みです) 
結線後は自己融着テープで保護します。




0128_renovation_jirei_05
これで、工事は完了です。
点灯確認はバッテリーBox側面にあるローターリースイッチをGモード(点灯確認用)に設定し約1分待ちます。無事にLED灯具が点灯すれば結線工事が間違いなく行われたことが確認できます。
ソーラーパネルに布をかぶせたりする必要はありません。点灯確認ができれば、Gモード(点灯確認モード)から実際にこれから毎日使う点灯モード(A~Fで選択)にします。
今回は朝まで同じ明るさで点灯させるAモードを選択しました。

0128_renovation_jirei_07
設置完了! リノベーションキャパの完成です。
----------------------------------
以前は夜の12時には消灯しないと電池が持たなかったそうですが、リノベーション後にはより明るく、朝まで点灯可能になりました。
----------------------------------
今回は2基だけの工事でしたが、午後から初めて日没ごろには2基とも工事完了しました。日没後点灯を確認して家路につきました。
右下(旧型の点灯写真)に比べ明るくて且つ朝まで点灯します(旧型は最大で8時間しか点灯できませんでした)。

工 事もスムーズに行われ明るく点灯しましたが、唯一気になる点として、日没後の点灯開始が少し遅かったです(かなり暗くなってから点灯)。 
後日、調べた結 果、ソーラーパネルメーカーを今回から新しいメーカーにしたため点灯開始に設定しているソーラーパネル電圧になる時間(明るさ)が遅く(暗くても電圧が高 め)になっていることが原因でした。
これは設定電圧のソフト変更で対応することにしました。 

bnr_renovation_w480


エル光源のリノベーション事業
 詳しくはこちら↓↓↓
リノベーションキャパ