・ ・ ・ ・ ・ ・



 2 月になりました.
 一応あたりの山々は白くなり、近所のスキー場にも雪がそれなりにあるようですが ・・・・・
 それでも今年の冬は暖かい.

 今日 ( 2 月 2 日) なんて、本当に春でした.


 先日もニュース観てたら、長野県北部の豪雪地帯として知られる 飯山地区 や 小谷地区 も全くと言っていいほど雪がありませんでした.
 昨年秋の台風や、こういった温暖化現象も、これから当たり前になっていくのでしょうか.



0R9A2426
 ● 2020.1.30 EF 16-35mm F4L IS USM : 35mm ●

 1 月 30 日の朝、まるで雲海のようです.
 朝もやがドーーーンと立ち込めていました.

 慌てて階下にカメラを持ちにいって広角で何枚か・・・・


 数枚撮ったんだけれど望遠でも撮ろうと、また 1 階に降りてはドタバタ.



0R9A2419
 ● 2020.1.30 EF 70-200mm F2.8L IS lll USM : 70mm ●

 いつもの電柱のある風景を撮ってみました.

 もう 1 時間早く起きればよかった.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・





 今日は映画のことを書いてみよう.
 この映画については書こうかどうしようか悩んだんだけれど.

 すごく微妙なんだわなぁ ・・・・・





Jojo Rabbit 001






  " ジョジョ・ラビット "





  監督: タイカ・ワイティティ
  脚本: タイカ・ワイティティ
  原作: クリスティン・ルーネンズ
      『Caging Skies』
  製作: カーシュー・ニール , タイカ・ワイティティ ,
      チェルシー・ウィンスタンリー
  製作総指揮:
      ケヴァン・ヴァン・トンプソン
  原題: "Jojo Rabbit"
  出演: ローマン・グリフィン・デイヴィス (ジョジョ)
      トーマシン・マッケンジー (エルサ)
      スカーレット・ヨハンソン (ロージー)
      タイカ・ワイティティ (ヒトラー)
      サム・ロックウェル (クレンツェンドルフ大尉)
      レベル・ウィルソン (フロイライン)
      スティーブン・マーチャント (ディエルツ)
      アルフィー・アレン (フィンケル)
      アーチー・イェーツ (ヨーキー)
  音楽: マイケル・ジアッチーノ
  撮影: ミハイ・マライメア・Jr
  編集: トム・イーグルス
  配給: ウォルト・ディズニー・ジャパン
  日本公開: 2020 年 1 月 17 日
  上映時間: 108 分






Jojo Rabbit 003


 "Komm gib mir deine Hand" ・・・・
 The Beatles の "I Want To Hold Your Hand" のドイツ語版から映画はスタート.
 予告編などで観ていた印象とぴったり合っている感じ.
 当時の若い世代が ヒトラー を狂信的に、熱狂的に受け入れた姿を、 The Beatles にオーバーラップしている感じです.
 そんな意味でもこのスタートの選曲はグッド.


 イメージとしては ヒトラーユーゲント を中心に、ブラックコメディーっぽく描くのかなぁなんていう期待だったのですが ・・・・・



Jojo Rabbit 008

 先に映画の感想を言うと ・・・・・・・ すごく微妙.
 だからこの記事も書こうかどうしようかちょっと悩んだり.


 先ずはテーマの核となる部分がとても難しい.
 第二次世界大戦、 アドルフ・ヒトラー 、 ヒトラーユーゲント 、 ナチズム 、 ユダヤ人迫害 ・・・・・・

 こう言った時代背景があるので、いくら ラブ & ピース を言ってみたところでそういったダークな部分を見ないわけにはいかない.
 過去にも似たような映画はたくさん作られていますが、同じくらいの子供を主人公にした映画で思いつくのは "ブリキの太鼓"

 オスカル は 3 歳で成長することをやめてしまいました.
 ただし演じていた ダーフィト・ベンネント は当時 11 歳だったのでちょうど ジョジョ と同じ年代、映画の中での子供らしさという点ではとても似ています.



Jojo Rabbit 007

 この映画は 第 44 回トロント国際映画祭 で 観客賞 を受賞、 ゴールデングローブ賞 もノミネート、そして本年度の アカデミー賞 ではなんと 6 部門にノミネートされているほど、評価の高い映画です.
 当然ボクも大注目.

 ちなみに昨年 トロント国際映画祭 観客賞 を受賞したのが "グリーンブック" で、その勢いのまま アカデミー最優秀作品賞 も獲得しましたから、 "ジョジョ・ラビット" もいやが上にも注目されます.


 先日の 撮影会 の後、モデルさんと映画の話になった時も今の一番注目の映画と言ってしまったくらいですから.

 ところがですよ、観始めて少し経った頃には睡魔が襲ってきました.
 これだけ期待していった映画で、こんなに眠くなるなんて初めて.

 なにかダルダルなんですよね ・・・・・・

 なんなんだろうな、これって.



Jojo Rabbit 0010

 映画全体の雰囲気は、ボクが大好きな ウェス・アンダーソン の映画のような感じ.
 暗い時代なんだけれど、特に ロージー の服装はカラフルでポップ.

 ところが全体を通して観ると、微妙にアンバランス感がある.

 ジョジョ もとてもかわいいんだけれど、観終わった後にいま一つ残っていない.
 
 スカーレット・ヨハンソン も同じなんだな.
 正直この映画で アカデミー賞 ノミネートというのがちょっと信じられない.
 そんなにすごい演技してたとは思えないんだけれど.

 彼女に関しては 5 月の "ブラック・ウイドゥ" に期待します.



Jojo Rabbit 0011-2

 観終わってみると、ジョジョ のお友達の ヨーキー のほうがずっと印象深い.
 ヨーキー が生きてたことが救いだったな.

 映画の時間経過は数か月程度 (もっと短いかも ・・・よく覚えてません) で彼の登場もそんなに多くないけれど、終盤での彼の言葉なんか聞いているとずっと成長している気がします.

 最後の ハグ 云々のセリフも、妙にグッとくる.
 いっそのこと ヨーキー が主人公で、ハグされるまでを描くのも有りじゃないのかな (笑)



Jojo Rabbit 004

 他の出演者も サム・ロックウェル をはじめ個性的な俳優さんが出ているんだけれど、どうもその個性をうまく活かしていないような感じなのです.
 もちろんこれは監督の意向があっての演技なんでしょうが.

 どうも中途半端なコメディアンって感じを受けてしまいます.
 彼はやっぱり "スリー・ビルボード" のような強烈な個性が似合うと思う.
 この役柄でももっともっと強烈にできたと思うんだけれどな.



Jojo Rabbit 006-2

 全然ダメな映画じゃないだけに、かえって微妙さが増しちゃうと言うか.

 もう一度観れば、評価も変わるのかなぁ ・・・・・・




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 さて 1 月の映画鑑賞ですが、 Amazon Prime のおかげでたくさん観ることができました.
 中にはどうでもいいような作品も結構ありましたが (笑)

 合計で 36 本 ・・・・・ 間違いなく過去最高だろうな.




  世界にひとつのプレイブック 、 ネイビーシールズ 、
  移動都市/モータル・エンジン 、 バトルシップ 、
  GODZILLA ゴジラ 、 バンブルビー 、
  インフェルノ 、 ブルーに生まれついて 、
  ラッシュ/プライドと友情 、 アデライン,100年目の恋 、
  鉄道員(ぽっぽや) 、 青天の霹靂 、
  ミッドナイト・イン・パリ 、 アポロ 11 、
  ジョン・ウィック 、 Shall we ダンス? 、
  ジョン・ウィック:チャプター2 、 トランスフォーマー 、  
  パシフィック・リム: アップライジング 、 LUCY/ルーシー 、
  清須会議 、 カメラを止めるな! 、
  フライボーイズ 、 ストロベリーナイト 、
  ニュートン・ナイト自由の旗をかかげた男 、 下妻物語 、
  アンフェア the movie 、 富士山頂 、
  ジョジョ・ラビット 、 フォード vs フェラーリ 、
  スマホを落としただけなのに 、 亜人 、
  ホース・ソルジャー 、 ジュラシック・ワールド/炎の王国 、 
  ヘビー・ウォーター・ウォー 、 祈りの幕が下りる時




 今年初めての映画になった "世界にひとつのプレイブック" はよかったなぁ.
 テーマが結構重いんですが、微妙にニッコリできる.
 ジェニファー・ローレンス の アカデミー主演女優賞 、納得です.



169980_0102

 "ブルーに生まれついて" はチェット・ベーカーの半生を描いた映画.
 かなり期待していましたが ・・・・
 主演の イーサン・ホーク はかなりよかったんですけれど.


 話題になった "カメラを止めるな!" も最初は ?? だったのですが、観終わったら納得.
 なるほど、よくできてる映画だと思います.



 そんな中の一本は、あえて ・・・・・・・・・・・・・




10013681_h_pc_l

 "アデライン、100年目の恋"


 主演の ブレイク・ライヴリー がとにかくキレイ.
 それだけでこの映画を選んでみました.
 彼女の顔見ているだけでも十分な映画です.

 まぁ物語としても、まぁそこそこ面白い映画かな.
 ボクの印象としては "ベンジャミン・バトン" のような雰囲気でした.



blake-lively-age-of-adaline

 映画批評家の評価はそれほど良くなかったようです.

 でも、何度も言いますが彼女の顔見ているだけで、なんかほんのりできるので、ボクはこういう映画も有りだと思う.
 最後もちょっとよさげですし.

 美貌は正義だな ・・・・・・・ (笑)




  ・ ・ ・ ・ ・ ・