2008年12月09日

ラークスジャーナルへお引っ越し!

今年もラークスツアーの季節がやってきました!

「ラークス通信」→「ラークスジャーナル」に名称を変更し、装いも新たにスタートしました!!!

今年からは【ラークスジャーナル】を宜しくお願いします。

2008年01月21日

◆ビックマウンテン・フリーラン vol.2◆

前回に引き続きラークスでは日常のフリーランの様子をご紹介

前回はコース”内”での最高なフリーランの様子でしたが、今回はコース”外”の様子をご紹介。
コース”外”なのでもちろん『Own Risk=自己責任』です。

写真のスロープは、以前ご紹介した『La Siara』のリフトを降りてすぐの場所です。
シアラ1シアラ2






シアラハイク

軽く10分ほど尾根づたいにハイクするだけで、アクセスできちゃいます!
といっても、写真にあるように色々場所に雪庇ができています。
もし雪庇が雪崩でもして、巻き込まれたら大事故になってしまうので、細心の注意が
必要なのは言うまでもありません。



VORAB尾根
ほかにも、3000mオーバーの頂上『Vorab』からアクセスできるスロープにはこんな所も!
見渡す限り山・山・山!空気もとっても薄くて、ちょっとハイクしただけですぐに息が上がります。


日本では重たい荷物を背負って、何時間もバックカントリーをハイクしてやっと滑れるようなスロープも、ラークスでは簡単にアクセスすることができちゃいます!でも、大げさでなく危険と隣り合わせなので、アクセスが簡単だからといって、軽い気持ちでアクセスするのは、絶対にやめましょう。VORAB全景VORABアップ


←クリックしてアップにしてみてください。滑ったラインがついています♪

◆ビックマウンテン・フリーラン◆

ラークスと言えば、ショーンホワイトも「LAAX is very huge!」とコメントするほど世界有数のビッグマウンテン!
ということは、何度もお伝えしていますがフリーランが『最高』の一言です。

今回はスイスで滑っているとついつい慣れてしまうほど、『日常』になってしまうフリーランの様子をお伝え♪
いつもの様に上がってきて、ワックスを剥ぎ剥ぎ★
余談ですが、スイスは電圧が240Vなので、アイロンもハイパワーで、ワックスを入れるのも楽ちん!
みなさまワックス






そしてオフピステコースへGO!
写真の様なスロープもコース”内”なので安心してオフピステコースを楽しめます。
ヘリボードを経験済みのプロッティライダーも「ヘリボードとあまりかわらないクオリティーのスロープ」とお墨付き!!!
2人乗り12人乗り2






しかもオフピステだけでなく、圧雪されたスロープも『最高』です☆
大きな起伏もあり、スロープもとても広く、日本ではとても出すことができないほどのハイスピードでのびのびフリーラン!
自然とスピードにも慣れ、ハーフパイプや、スロープスタイルでの『スピードに対する恐怖感』もいつの間にか払拭できています。
スロープ1スロープ2






岩

標高が変わるにつれて、様々に変化する景色もフリーランが楽しい理由の一つです。
昔は海の底だったであろうこんな岩のトンネルをくぐっちゃうスロープも!
親子でだって、こんなスロープを滑れるちゃうのも、ラークスの醍醐味です♪




これだけでも、大満足すぎるほどのラークスですが、さらに少しハイクすることによって、想像を遙かに超えるスロープにアクセスすることも可能です…

2008年01月19日

◆スイスのお値段【コーヒー&アウトバーン】◆

連日お伝えしてきたユーロピアンオープンですが、スロープスタイルはショーンホワイトが見事優勝!ハーフパイプではTOYOTA BIGAIRでの優勝も記憶に新しいケビン・ピアーズの優勝にて幕を閉じました。

大会中はノーネームカフェの地下のプラズマテレビでちょくちょく観戦しましたが、冷えた体においしいのがコーヒー!!!

と言うわけで、パイプ上の「CAFE NO NEME」で
「ドッピオ エスプレッソ」なるものを注文してみました。
コーヒー1杯に、かわいいチョコレートが
ひとつおまけでついてきます。
こひー1テントウムシ





気になるお値段はたったの 5フラン。
標高2000メートルオーバーで
このお値段は驚きです。
もちろん、お味の方も大変「good」です。

そして所変わって、お次はスイスの高速料金!
なんと、スイスの高速料金は定額性です。
「しかも、かなり安い!!」
流石、世界のお金が集まる「スイス」。   
日本の様な、せこい料金システムとは違います。
高速1



スイスの料金システムはいたって簡単♪
40フランで写真のシールを購入し、
車に貼付けるだけで高速道路を
通行することができます。       





高速2


高速道路のシールは郵便局など、
色々な場所で販売されており、
期限切れのシールをきれいに剥がす
ツールまで販売されています。    

日本道路公団の皆様も
少しは見習ってほしいものです、、、

2008年01月17日

◆ユーロピアンオープン Vol.4◆

ラークスで開催されているユーロピアンオープン。
今日はとうとうハーフパイプ・セミファイナル、インヴィテーションライダーも登場して、まさに世界トップレベル!!!
前日まで無かったオーロラビジョンも登場!今日はオーディエンスも大勢います。
BEOオーディエンスオーロラビジョン






おなじみノーネームカフェの店員さんもフライトアテンダントの服装です。
地下のライダーラウンジには、プラズマテレビが設置され、大会の様子をリアルタイムでチェックできます♪
BEOカフェBEO地下






雪が降っていて板があまり走らない状況にもかかわわず、ダブルヘッドオーバーは当たり前のエアを連発!
カメラマンも、セミファイナルとなると、フラッシュの数から違います!
写真は長野オリンピック金メダリスト、ジャン・シメン。衰えを感じさせないエアーは流石ですね。
カメラマンジャン






スタート台の上ではショーン・ホワイトを発見。
金メダリストもスタート前はかなり緊張している様子、雑誌やDVDでは、見れない姿ですね。
ショーン1しょーんスタート






でも滑り出すとこの高さ!
スイスのスター、ニコラス・ミューラーやボルコムライダーのマーカス・ケラーもスタイリッシュなエアーを連発!!!
インディマーカス











スイスではテレビ放送もあるユーロピアンオープン、テレビカメラも登場して、滑り終わった選手にインタビュー。
ショーンは何社からかインタビューをうけていました。インタビューインタビュー2

2008年01月16日

◆ユーロピアンオープン Vol.3◆

引き続きユーロピアンオープンの開催されている、ラークスのパーク周辺の様子をお伝えします。
ノーネームカフェの上には、今回のナンバーワンスポンサー『SUZUKI』のテントが出現。
スズキテントテント中






まえtお絵かき
中ではスノーボードのデザインドローイングコンテストが行われています。
ボールペンとカラーペンで、オリジナルボードをデザイン!
こんな本気の人も♪

テント掲示goodjob






SUZUKIのテントの横には、BURTONのテントも☆
今シーズンのモデルに試乗できます。
Btennto中






ジュース
背中にタンクを背負ったスタッフを発見!
ホットローズヒップティーを注いでくれます。
観戦で冷えた体が暖まります♪

2008年01月15日

◆ユーロピアンオープン Vol.2◆

ユーロピアンオープン・ハーフパイプ予選開始!!!
スタート台ユーロパイプ






スタート台の上には、ヨーロッパを中心に世界中からエントリーしてきた選手がひしめき合ってます。
プロッティハウスの館長こと前田選手もパイプにエントリー!
台上ドロップ






選手も世界中から集まって来ていれば、カメラマンも世界中から集まってきています!
プラットホームではカメラマンのポジション争いが行われています☆
撮影1撮影2






観戦

オーディエンスエリアも、ハーフパイプのすぐ近くで、世界レベルのライディングを目の前でチェックOK!




エアターンエアターンま






おじさん


スタート台で、今回の最年長エントリーのおじいさんを発見!
なんと61歳だそうです。
還暦をすぎた年の方が、エントリーしているなんて、ヨーロッパはスノーボードが一時の流行でなく、文化として定着していると言うことですね。

2008年01月14日

◆ユーロピアンオープン◆

車積雪今日からラークスでは、ユーロピアンオープン・ハーフパイプの公開練習!
というのに、昨日からの大雪で、家の前でもこんなに積雪が!!!
空も曇り空で、心配しながらリフトでパイプまで上がると…

見事な雲海で、スーパーパイプより上は快晴♪
ノーネームカフェのテラスも、雲の上に浮いてるみたいです。
雲パイプ雲のノーネーム






先週から作り始めたハーフパイプのスタート台も見事に完成。
やぐら準備スタート台






ノーネームカフェの地下は、ライダー専用ラウンジになっていて、サンドイッチやドリンクが無料です。
そして、今回のユーロピアンオープンはテーマが『エアポート』!
なので、ラウンジのイスも飛行機のイスにチェンジされています。
ノーネーム準備ライダーラウンジ






日本の選手はエントリーしていないスロープスタイルは、今日から予選開始!
日本の大会と違って、かなりユニークなセクションになってます☆
スケートのクウォーターがあったと思えば、次のセクションはハーフパイプを半分に切ったようなクウォーター!
スケートクウォーターユーロクウォーター







ユーロキッカー

もちろんビッグサイズのキッカーもあります!




明日はいよいよハーフパイプ・MEN&WOMANともに予選がはじまります!!!

2008年01月13日

◆謎の…◆

おじさん



今回はチューリッヒ空港からお届けします。
空港でうろうろしていると、大太鼓をもった謎のおじさんを発見!





大道芸人と思って、後を追うと…
到着ロビーでなんと仲間と合流!
みんな衣装をきていて、いろんな楽器を持っています。
発見お出迎え






しばらくすると、自転車と大荷物をもった夫婦が到着!
演奏が始まって、大盛り上がり♪
この夫婦は何者なのか???
知っている方がいましたらご一報お待ちしております。
到着演奏






チャリ荷台
この写真を見てください。
自転車の後ろについてる赤と、青のかわいいキャリア、
なんとこの中には赤ちゃんが!そうです、なんとこれ、ベビーカーなんです!!!


電車チャリ
そして、次は電車の車内の写真なんですが、なんと自転車置き場があります。
これならちょっと遠出するときも、近くの駅まで行って、そこから自転車!なんてルーティーンもOK!!
これこそ『エコ』ですね♪

2008年01月12日

◆五里霧中◆

ガス1
スイスのゲレンデは、ほぼ毎日が晴天で幸せのため息が出るぐらい景色が良いのです



が、ところがどっこい、この日は珍しく、すんごいガスです。
本当にため息がでます。
目を凝らしてみても、パイプの中が
全く見えません。
ガス2ガス3





その為、ガスが晴れるまで、パーク上の 「CAFE NO NEME」で休憩をします。
本日は天気が悪いので、カフェの中は大変な賑わいです。
カフェの地下には、Xboxが設置されていおり、ゲレンデが滑れなくても、スノーボードが楽しめます。
流石、一流リゾート、サービスに隙は有りません。
ガス4ガス5





とりあえず、パイプが滑れないので、
バーチャルトレーニングをして来ました。
ガス6ガス7

QRコード
QRコード
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)