2018年04月09日

チョコレート事業 第5期目を前に。

さて、各所で新年度がスタートし、

我々久遠チョコレート事業も、いよいよ来月から第5期目を迎える。


1期目は、まさにすべてが手探りと、不安と不安と不安のなかでの1年。
自主ブランド「久遠チョコレート」を立ち上げた年でもあった。

組織づくり、事業づくりというよりも、まさにプロジェクト的な外注者の集合体的体制のため、
計画性や危機管理、組織マネジメントなどとは距離を置いた事業運営の1年であり、
すべてがチャレンジの年であった。


2期目は、初の百貨店催事・百貨店流通へチャレンジした年。
初めての経験にとにかく大きなストレスがあったことを記憶している。

3期目は、2年間の一通りの経験を復習しながら、事業を展開する年となった一方で、
ブランド認知が広がり、事業が拡大することで、当然一定の危機管理が必要となる規模となったことで、
プロジェクト的体制から、1つの「会社」「組織」「事業」として、取り組むことへの転換を
強く求められる事業分岐点の年であった。

やはり、
事業を安定拡大させ、
課題を計画的に解決改善し、
起こりうる危機を事前に管理する

などしていくためには、いつまでもプロジェクト的体制下では、どうしても難しい限界がある。

立ち上げ時の瞬発的パワーはプロジェクト的な体制の方が大きなメリットを出す場合があるが、
やはり、「継続性」というステージに事業が入った時には、

一人一人がしっかりと組織に帰属した意識と、
モチベーションのコントロールを行い、
情報が組織的にエスカレーション管理され、
諸課題が組織的にクリアされていく仕組みづくり。
目標や想いが共有される組織づくり。

が必要になるということを実感した1年であった。

立ち上げ時に参画頂いた方々には、本当に心から感謝しているし、
それぞれのプロフェッショナルなキャリアがあったからこそ、この事業がスタートダッシュできたと強く思っている。

一方で、
事業拡大にはどうしても体制転化しなければならない局面があるという苦悩をもった1年でもあった。


4期目は、
これまでの復習
ブランドルールの確立、
ブランド店舗展開の拡大
大手小売流通へのチャレンジ

と、さらに大きく事業を拡大した1年であった。

加えて、社員体制、事務管理体制、事業管理体制などをより「組織的に強化」するために
様々な準備と投資をした1年でもあった。

変化への転換期でもあったことから、
多くのお客様やブランチ皆さんには、たくさんのご迷惑をかけたが、
皆さんのご理解とご協力、そして、新たに参画いただいた社員の努力によって、
様々な経験を通して、
いま、ようやく、これから必要な組織体制の「素地」・「基礎」・「基盤」
ができたように実感している。


凄まじいスピードで駆け上がったきた4年間。

当然、これだけのスピードで走れば、

いろんな批判や

いろんな別れや

いろんな出会い

いろんな理解されない想いや

いろんな理解される想い


様々なことが短期の中で交差してきた。


この進んできた道が正しいのかどうかは、

だれもわからない。


ただ一言。

遠い未来まで、脈々とこのブランド・事業が続き、

社会の諸課題へアプローチし続け、それらを解決し続ける事業であるためには、


これからも、僕は、「事業を大きく進化成長させる道」を選択する。


あと何年後かに、

誰かにしっかりと、

この事業がバトンタッチでき、

脈々と、延々と、久遠チョコレートが存在し続けるために。



さて、第5期目の久遠チョコレート、

それはまさに、スタートからこれまでの総決算期であり、

次の飛躍へのしっかりとした基盤構築期でもある。


―侏荵呂瓩秦巴蓮Υ霑叩Υ霹廚鬚靴辰りと固める。
<事業管理、組織管理、安定製造、安定供給>

計画性あるブランドブラッシュアップ。
<計画的に商品開発、企画開発、デザインリニューアルなどを行い、安定したブランド力を創る>

5弃鵐灰鵐謄鵐帖兵太咫砲魍茲した、誰にも真似できない事業領域づくりへの着手。
<久遠メリットを活かした異業界連携を企画・事業化し、将来誰にも真似できない久遠独自の事業ドメインを創出する。その入り口創りに着手する。>


具体的内容については、また次回。


この3本の柱でもって、


久遠チョコレート事業、第5期、スタートです。

labarca3120 at 13:55|PermalinkComments(0)clip!

2018年02月18日

バレンタイン商戦を終えて。

久遠チョコレート 4年目となる

2018年バレンタイン商戦を終えた。


結果から言えば、過去最高売上となり、

催事、FC店、その他売上を含め、

3週間で、

約1億円近い、総売上を作ることができた。


一方で、今年も想定外の上振れをしたことで、

FC各店には、商品が行き届かない状況を作ってしまい多大なるご迷惑とお叱りを受けた。

この点については、いくら我々も努力と可能な限りの先行投資リスクを取っていたとは言え、結果的に商品が枯渇化し、FC各店の売上ロストを招いてしまったことは、真摯に受け止め、申し訳ないと反省をするしかない。


ただ1点。

FC各店を犠牲にして良いなどという考えは、全スタッフ毛頭なく、

商品がなく、皆が朝まで働き、人手もギリギリの中で、真剣にFC店のことも考えてくれていたことだけは、ここに伝えておきたい。

ブランドとして催事での評価も考えながら、FC各店の売上も考えるという、非常に難しい選択を現場にさせてしまったことは、

代表として

ただただ僕の責任であり、反省である。



残務を処理する一方で、

2018年バレンタイン商戦を総括し、

来期の戦略を練るいま、


必ず、皆の満足度を高める事業にしてみせる。

ただそれだけは、真に強く想っている。


そのためには、もしかしたら、

来期は少し冷徹に、

何を切り、何を拾うかも含め、

全てを優しさで対応していては、
結果的に誰かに迷惑をかけることになるのかもしれない。

結果、現場スタッフを苦しめてしまうかもしれない。


であれば、いくら要望があっても、


◎必要以上にFC店は、増やさない。

◎相手の事情に合わせたFC店オープンはしない。

◎地方催事は勇気を持って断る。


などなど、クールな事業ジャッジが必要なのかもしれない。


そんなことを様々考えながら、


もう一度、この事業の使命を考える。



2018年久遠チョコレートバレンタイン商戦を
支えてくれた

全関係者とお客様に感謝しながら。

FC各店の全スタッフに感謝しながら。

プレッシャーの毎日を走り切ってくれた本部スタッフに感謝しながら。


課題を真摯に受け止め反省し、

必ず社会を変えるブランドになれるように、

1つ1つ成長をしていきたい。


必ず。


必ず、

この疲れ切った笑顔の先に、

誰もが絶賛する社会を

その光景を

創ってみせる!


皆んなに見せてみせる!


必ず。

A6D0F7C8-B2EF-4F6C-B4A0-E1A979972AA1


labarca3120 at 22:36|PermalinkComments(0)clip!

2018年01月29日

バレンタイン商戦真っ只中に想うこと。

久遠チョコレートが、

バレンタイン商戦に突入して一週間を終えた。


予想を4倍も上回る
各売場、催事会場の売上に、

ただただ驚く。

まさに製造フル回転で、帰りは午前様の毎日。

毎日休みなく、深夜まで責任を持って働いてくれるスタッフには、心から敬意と感謝しかない。


今年は、チョコレート業界で日本一と言われ、誰もが目標とするバレンタイン祭典、名古屋高島屋のアムールデュショコラに、久遠チョコレートは初出店を果たした。

そして、いま、国内外150のトップブランドが出揃う中で、30位という成績を久遠チョコレートは出している。


皆が驚くと同時に、

この1つの成果は、

障害ある彼らの仕事が、単なる社会貢献の一環として助けてあげる対象から、

一流の仕事として、正当に評価された瞬間でもある。



僕のやりたいことは、

僕の目指すこと、

僕のすべきことは、

僕ら福祉がすべきことは、



こうした、

誇り高き瞬間を

人から真に認められた瞬間を

人から必要とされた瞬間を


たくさんたくさん創り出し、

多くの障害あるみんなが、

その誇り高き喜びを

心から味わえるように、

共に歩むことではないだろうか。


謎の上から目線の「支援」ではなく、

喜怒哀楽を共にし、

失敗を許し合い、

いつかくる変化を信じ、

一歩一歩、共に歩むことではないだろうか。


少なくとも、僕は、そう信じている。



久遠チョコレートは、

必ず、

社会を変えるブランドになる。


皆で一緒に、

社会を変えるブランドに、

なってみせる!


今年もたくさんのお客様にお買い上げいただき、

本当に感謝です!


残り3週間。


走り切ります!!

labarca3120 at 02:22|PermalinkComments(0)clip!

2018年01月03日

2018年 指針と決意。

2018年がスタートをした。
ここに久々にブログに手を付けてみる。

2018年は、自身にとってもそして久遠チョコレートにとっても、大きな岐路の年となる。

久遠チョコレートは、4年目となる年越しを迎え、事業開始から5年目に突入した。

久遠チョコレートを立ち上げ、当初3年間は、ブランドとして、また事業として、またFC本部として、まさに全てが試行錯誤とトライ&エラーの日々。

経験値がないことから、何が正しいやり方でどうすべきかわからない中で、周囲からの叱責や少し関わっただけの外部者から、ご立派な批判や論評をされ、何度くやしい言葉を飲み込んだからわからない。

4年目からは、少しずつ仕組みや久遠チョコレートとしてのパッケージ、僕らのやるべき方向性や強み、ルールができ、そして何よりも素晴らしいスタッフに恵まれたことで、共鳴し合える同士や共に久遠チョコレートを拡げようとしてくれる仲間が増えた。

今、16店舗27拠点に久遠チョコレートは増え、就労人口は200人を超えた。その半数以上は障害ある方々だ。
初期のころとは明らかに違う統一感を今の久遠チョコレートは出せている。これは今後益々強まっていくだろう。

では、その先の何を見据えて、久遠チョコレートはこれからも邁進をしていくのか。

それは紛れもなく、

1億誰もが、活躍をし、自己実現ができ、輝き、社会の役割を担い、不幸だと感じない社会を創ることだ。
決して社会主義的なものではなく、経済主義、資本主義社会でありながらも、実に多様的であり、誰も排除されることなく、皆が幸せだと充実する社会を創ることだ。

これを単なる綺麗事や理想の像としていては、この国は時と共に縮小していく。
もう一度、高度な成長をし、力溢れる日本を創るためには、綺麗事でなく、また押し付けられた平等ではない、皆が互いの違いや過ちを真に許容しあえる社会を築く事だと信じている。

久遠チョコレートとは、それがどういった社会かを具現化し、リアリティを持って人々に示すための、1つの舞台だと思っている。

だから、僕は、久遠チョコレートに全精力を注いでいる。

自身が一生を終える時に、あるいは次の世代に引き継ぐ時に、いい社会になったなぁと、その景色を喜び、たのしめるために。

多くの人が、少しでもハッピーになれるように。

日本初の、多様な人々が働き支えるチョコレートメーカーを目指して。


【久遠チョコレート 2018年の指針】

⚫︎50店舗 40億円の基礎づくりをする。
⚫︎FC店の生産力を高め、合わせて本部生産力、商品供給力を高めるため、最低限の工場をつくる。
⚫︎FC店の利益率を向上させる仕組み作りをする。
⚫︎FC店を絶えず支える体制作りをする。
⚫︎商品開発力を高める。
⚫︎大都市圏に展開する。
⚫︎大手百貨店に常設する。
⚫︎上記により、久遠ブランドをより一層高め、百貨店オファーに漏れなく応えれる体制を作る。そしてFC店の利益につなげる。
⚫︎民間企業との雇用向上の仕組み作りに着手する。
⚫︎のれん分け制度を作り、各県の代表FC店にその権利を譲り、恩恵を受けてもらう。
⚫︎最後に、社員全員を昇給し、良い処遇へと高めていく。
⚫︎ここで働いてよかったと言ってもらえる会社を作る。

2018年、どうぞ皆様、久遠チョコレートをよろしくお願い致します!

この先の僕らに、ご注目ください!

91A01FB0-CCFE-4D96-8B6E-DA6254020977


labarca3120 at 18:53|PermalinkComments(0)clip!

2017年08月02日

チョコレート体験会!

マスコミ関係各位

平成29年8月吉日

一般社団法人ラバルカグループ
代表理事 夏目浩次


障害者が働く全国チョコレートブランド「久遠チョコレート豊橋本店」(本部:豊橋市松葉町)と、「ジョンソン&ジョンソン株式会社」(本社:東京都千代田区)の社員・ご家族が来豊し、チョコレート作り体験会をココニコ(こども未来館)で実施します。


「豊橋から全国へ!」のフレーズもと、豊橋市を本部・本店とし、現在全国12店舗25拠点(残り13拠点は製造のみ)を展開する「久遠(くおん)チョコレート」(本店:豊橋市、運営:ラバルカグループ、代表:夏目浩次)が、この度、豊橋市こども未来館において、ジョンソン&ジョンソン株式会社の社員・ご家族を招いて、チョコレート作りの体験・見学会を実施します。

■久遠チョコレート(運営:ラバルカグループ)
現在約110名の障害者が全国でチョコレートを製造・販売し、全国に12店舗を展開。東京や京都・大阪の大手百貨店などにも多数出店をしている全国ブランドです。

■ジョンソン&ジョンソン株式会社
アメリカ合衆国ニュージャージー州ニューブランズウィックに本社を置く、製薬、医療機器その他のヘルスケア関連製品を取り扱う多国籍企業。日本法人の本社は東京都千代田区。


■日時:8月3日(木)14時半〜
■場所:豊橋市こども未来館 1階キッチン工房
 *豊橋市松葉町3−1
■担当連絡先:090−1748−5195(夏目)

以上


labarca3120 at 11:37|PermalinkComments(0)clip!

2017年06月18日

2016年度 チョコレート事業実績

2014年8月からスタートした、

全国夢のチョコレートプロジェクト。


2016年度(2016年4月〜2017年3月まで)の実績値がこちら。


2017年度は、さらに売上も倍増し、

さらなる工賃向上に突き進んでいます!

図1


labarca3120 at 23:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年05月29日

久遠チョコレート12店舗目 オープン!!

久遠チョコレート12店舗目となる、

久遠チョコレート半田店が、

5月28日(日)グランドオープンしました!

【店舗情報】
〒475-0075 愛知県半田市苗代町2-36-12
TEL:0569-28-5333
定休日:月曜日


人口約12万人の半田市。

店舗立地は、人通りのない、正直店舗不向きの立地。


にもかかわらず、

前日、前々日のプレオープンから、

久遠チョコレートができることを聞きつけ、

ほぼ関係者ではない一般のお客様が、

引っ切り無しにご来店いただき、

絶えない、たくさんの列をつくっていただけました。


人口規模や立地からも、

商売をするには、正直不安要素しかなかった中で、

このオープニング結果は、

本当に感動と感謝の結果でした。


半田店は、接骨院や高齢の方のデイサービス事業を展開されている団体さんが、
オーナーさんとなっており、


こういった

【医療系 × 久遠チョコレート】

の形や、

【高齢事業 × 久遠チョコレート】

の形は、

今後の久遠チョコレートの展開の1つの方向性として、

とても興味深い一路だと思います。


みなさま、ぜひ、

久遠チョコレート半田店にも温かいご愛顧を

よろしくお願いします!!

半田-2半田-1

labarca3120 at 17:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年05月11日

パラスポ支援で、久遠チョコレート!

今回、パラリンピックサポートセンター様が企画する、

パラスポーツに関心のある人が気軽に競技を始められるように、
障がいに応じてプレーできる競技と、ご自宅近くのチームを探せるWebサイト

「マイパラ Find my Parasport(仮称)」

このサイトを立ち上げる為の開発費を、クラウドファンディングによって集める企画に、
資金提供者への御礼品という内容で久遠チョコレートが参加をさせていただきました!

企画サイト
https://a-port.asahi.com/projects/mypara/


結果として
支援者:599人
目標金額:5,000,000円(に対して)
集まった金額:6,111,078円
達成率122%

といった多くの皆様が企画に賛同いただき、

御礼として久遠チョコレートをお送りさせていただきました!

日本財団パラリンピックサポートセンターの皆様、
本企画に資金提供いただいた皆様、

ありがとうございました!!
IMG_0290

labarca3120 at 23:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年05月07日

鹿児島店 お客様2万人突破!

昨年9月にオープンしました、久遠チョコレート鹿児島店が、

本日来店客2万人を突破しました!!!

久遠チョコレート鹿児島店の皆さん!

素晴らしい!!!


久遠チョコレートをご愛顧いただくすべてのお客様、

ありがとうございます!!

18341686_419840638382475_840246305936511379_n


*豊橋店以降のオープン状況
平成28年9月  久遠チョコレート鹿児島(8店舗目)
平成28年12月 久遠チョコレート新潟(9店舗目)
平成29年4月  久遠チョコレート京都マルイ店(10店舗目)
平成29年5月  久遠チョコレート名古屋藤巻店(11店舗目)


labarca3120 at 21:31|PermalinkComments(0)clip!

2016年05月01日

【プレスリリース】久遠チョコレート豊橋本店 オープンします。 

報道関係者各位
プレスリリース

平成28年5月吉日
一般社団法人ラバルカグループ
代表理事 夏目浩次

全国の障害ある方が作るハンドメイドチョコレートブランド「久遠チョコレート」の
“豊橋本店”が、ときわアーケードにオープンします。


「豊橋から全国へ!」のフレーズもと、豊橋市を本部とし、現在全国7店舗20拠点(残り13拠点は製造のみ)を展開する「久遠(くおん)チョコレート」の本店が、この度豊橋市松葉町1−4(ときわアーケード入口)にオープンいたします。

久遠チョコレートは、現在約80名の全国の障がい者が製造・販売をし、店舗としては京都・大阪・和歌山・広島・東京町田・横浜に展開をするほか、京都や大阪・東京の大手百貨店にも取扱をされています。
また、多くの雑誌・メディアに取り上げられ、「1,500円以内で失敗しないギフト4選」にも選ばれるなど、新興チョコレートブランドとして、現在注目を集めています。

これまで豊橋においては、久遠チョコレートの本店でありながら、店舗形態をとらず、製造のみの展開となっておりましたが、今回、豊橋のまちなかの活性化にも寄与したいと考え、本店店舗をときわアーケード入口に開店する運びとなりました。併せて、豊橋本店においては、障がい者5名を雇用し、地元障がい者の雇用促進にも寄与したいと考えています。

つきましては、下記日時にて、久遠チョコレート豊橋本店のオープニング内覧会を開催させていただきます。
ぜひ、報道関係皆様にお越しいただき、広く県民市民の皆様に情報発信いただければ幸いに思います。
何卒、よろしくお願い申し上げます。

■日時:5月10日(火) 午前11時〜 オープン
■場所:豊橋市松葉町1−4 榊原ビル1階
■担当連絡先:090−9246−1164 夏目

【久遠チョコレートとは】
●チョコレート業界トップの野口和男をシェフショコラティエとし、
●「もっとピュアチョコレート」をキャッチフレーズに、
〕招廚別分を使わない世界各国のカカオと各地域の特産品をコラボさせる「素材のピュア」にこだわり、
⊆蟶邏箸砲茲襦嶌遒衒のピュア」にこだわり、
A換颪両磴い者が担い手となる「作り手のピュア」にこだわるチョコレートブランドです。
●またチョコレートが、特別な時期の特別な人だけのものではなく、日々日常の中で楽しめる文化にしたいとの想いをこめて、「デイリー&カジュアル」をコンセプトにした日常生活に溶け込める商品開発を心掛けた新しいスタイルのチョコレートブランドです。

image1

labarca3120 at 23:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!