2008年09月

2008年09月30日

飯田の施設間連携。

先日、飯田市で6施設が連携して市内のイベントに出店しました。
そのご報告メールです。

***********************************
夏目様


お世話になります。Aです。

本日はタイトなスケジュールな中、わざわざお越しいただきましてありがとうございました。


さて、本日の動物愛護フェスティバルの結果ですが、施設Aの販売成績は以下のようになりました。

パン売上げ   30750円
ドリンク売上げ 30150円(134杯)

ドリンクは過去最高記録だと思います。素晴しいです!

パンは冷蔵した生地の失敗が悔やまれます。11時30分頃第1回目のパンが届きましたが、届いたとたんにお客様がわっと押し寄せ、あっという間に完売してしまいました。2回目も30分後に届きましたが即座に売り切れました。 合計250個ほどだと思いますが、1時間足らずで完売したのは初めてではないでしょうか。

他の施設については、施設Bさんのおにぎりは完売しましたし、施設Cさんのシフォンケーキは40個ほど持ってきて35個は売れていました。施設間連携の相乗効果も間違いなくありました。

お互いの施設の商品をお互いが売り合うということは今までになかったことでしょうから楽しかったです。利用者さんたちも頑張って売っていました。最後の最後までシフォンケーキを売り切ろうとする施設Cさんの利用者さんの姿には元気をもらえました。

今後もこの連携を活かして、お互いの施設がWINWINの関係を保てるようにしていきたいです。

それでは、簡単ですがご報告まで。また詳細がわかった時点でご報告いたします。

**************************************

嬉しい内容です。

結果、6施設で約15万円の売上。

出店権をもっている代表施設に、各施設の売上の5%を支払うシステムで、連携出店の仕組みをつくりました。

今回では、代表出店施設に約4,500円の出店料が入りました。


みんなが、みんなのものを売りあうことの意義。

施設単体でイベントに参加するのではなく、連携体でイベントを構築できれば、それは大きな強みになるはずです。

下請作業がメインの施設でも、連携体をつくることで、イベントに効果的に出店することができ、売上と就労の場にもつながっていくということです。

地域にはたくさんのイベントがあります。

商工会関係、観光行政関係、農行政関係・・・。

自治体、民間、様々なレベルでの催し物があるはずです。


それもきっと、やり方次第で1つの授産事業に成り得るものだと思います。

6施設連携

labarca3120 at 22:15|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!

木曽路。

明日、明後日と木曽路です。

木曽周辺の施設さんをお邪魔してきます。

夜は木曽で一杯。
木曽で宿泊。

ビジネスホテルとは違う旅籠の世界。

仕事と同時に癒されてきます。

labarca3120 at 17:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年09月29日

10月10日 麻布十番。

ここで、長野県農政、長野県障害福祉、東京の学生さん、企業さん、いろんな方々のコラボで面白いことをやります。


施設商品を対象とした共通ブランディング化。


共通のロゴ、

共通の戦略、

共通の展開、


ブランド名、ブランドロゴは、東京の学生さん達が本当に一生懸命つくってくれました。

とても、良い出来栄えになっています。

みなさん1人1人の情熱に、心から感謝です。


では、詳細の発表はまた後日。

labarca3120 at 15:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年09月28日

長野レポート掘

土曜日は、久々の休日。
爆睡しました。

さて、長野レポート靴箸いΔ海箸如∪萋の長野ロード3日間の最後は、上田市を中心とした東信地域を回ってきました。


山の子学園共同村
胸にジーンとくる施設です。30年以上の歴史、僕の想像の範疇ですが、当時の社会の障害者に対する価値観に対して、いろんな思いをされてきて、多くのご苦労やたくさんの悔しい思いもされてきて、その中で奮闘されてきた『歴史と重みのある情熱』がすごく染み込まれた施設だと感じました。
お世辞にもきれいな施設とは言えません、30年の中での疲労感も確かにあります。でも、新興施設のパワーとはまた違った、重みあるパワーが施設の其処彼処に染み込まれている、そんな素晴しい施設です。

職員の皆さんとは、山の子学園を通じた「夢」について一緒にお話をしました。
皆さん素晴しい「夢」をお持ちです。

施設のある場所は、山の上のまた山の上。周辺は別荘地。「天空の施設」なんて別名も。

是非やりませんか!『天空の城ラスク』プロジェクト!

天空から下界を驚かしてやりましょうよ!

皆さんの「夢」と「染み込んでいる情熱」をフル燃焼させて・・・。

あっ、すみません。ちょっと個人的見解に走りすぎました。
でも、なんだか人を不思議な思いにさせる、そんな力のある施設でした。
*ちなみに、山の子認可の昭和52年3月、その2ヵ月後に僕は産声をあげました。


┘錙璽ハウス牧
ここの施設長さん、主任職員さんは、めちゃくちゃ面白い。
人として尊敬できる雰囲気、人間性をお持ちの方々です。
だからこそ、施設の雰囲気もバッチリ。

以前から、ラ・バルカとここの施設さんとは、「白土じゃがいも」を通じてお取引をさせていただいておりましたが、みなさんの人間性に触れて、もっともっと販路拡大に頑張らなければという思いに改めてなりました。

この白土じゃがいも、本当に美味しいんですよ!
まだまだ農産物の消費者動向として、「安さ」が重視され、「良い物」=「売れる物」とならない現状があることは確かですが、一方で売り方次第!
面白く、頑張ってみたいと思う商品です。

とりあえず、来月の東京の麻布十番祭で販売しちゃいます!


森のパン屋さんダーチャ
東信地域最後に少しお邪魔したのが、パン工房ダーチャ。
お店の雰囲気も良く、パンも美味い!
カフェも併設されていて、メニューもしっかりされていました。
どれも美味しかったです。
ここのスタッフさんが仰っていたのは、「福祉施設の中のカフェ&ベーカリー」ではなく、「地域の中にある普通のカフェ&ベーカリー」として成り立っていきたいとの言葉が、とても印象的でした。
素晴しく、とても共鳴できる意識だと思いました。
元気ある心地よい、とっても素敵なカフェ&ベーカリーでした。


以上、東信3施設を最終日にお邪魔しました。

みなさん、本当に有難うございました。


個々の施設の素晴しさをあらためて実感できたことはもちろんのこと、随所に見られたビジネスの第一線を経験されてきた推進員さんの人生経験談と工賃アップアドバイスとのセッション。

いろんな意味で、よい3日間でした。


工賃アップとは、決して業務的・義務的に狭い視野の中で取組むべき事項ではありません。

『施設の夢』、『職員みなさんの夢』、『利用者さんの夢』、『想い描く社会の姿』

それらを実現するための、あくまでも1つの方法論・手段・ツールが、工賃アップなんだと僕は考えています。


福祉に従事する皆さんは、単なる福祉施設職員であってはならない思っています。
『社会のクリエイター』であるべきだと僕は思っています。

彼らが本当に、奇麗事でなく、地域で生き、安心して暮らしていく社会をクリエイトできたとき、そのときはきっと、福祉だけでなく、この国全体がめちゃくちゃ良い社会になっていると思いませんか?


僕は、そのために、工賃アップという手段を通じて、今を一生懸命がんばっています。

福祉家ではなく、『社会のクリエイター』として。

labarca3120 at 12:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年09月27日

長野レポート供0γ里惶△辰討ました。

3日ぶりの我が家です。

今回、長野県内の北信・東信地域の施設を、圏域担当推進員さんと自立支援課係長と一緒に回ってきました。

いや〜、いろんな意味で良い3日間でした。


ということで、昨日に続いてのご報告。


い佞辰ら工房
「施設が何のために地域にあるのか?」がとても明確にされていて、「利用者の方に何をすべきなのか?」の施設としての役割や目的がしっかりと確立されている、その意識は半端なくすごいところでした。
だからこそ、創出されている現場の環境、作り出される物の品質、どれもとてもすばらしかったです。

イりのみ園
「ほんとうの福祉と農業」。まさにその言葉どおりのところでした。
すごいですよ。ここのやられている内容は。中途半端さは全くありません。
自慢の商品、「放し飼いで育てた鶏の自然有精卵〜おぶせのたまご〜」。
これはすごい!
鶏舎の規模、品質、半端ないです!
ここにもまた、明確な理念と方向性がありました。
すばらしかったです。

Δ澆垢濮
小布施の町並みの傍にあり、施設の皆さんも施設長さんも、優しいやさしい雰囲気のある施設でした。
何だかホッとできるような空気感がある中でも、静かなる情熱を感じることができ、下請け業務中心からシフトしようと、「さをり織り」を軸とし、「小布施」という知名度ある観光資源を活かした自主商品研究に一生懸命取組んでおられました。
「小布施」ならではの「小布施」らしい「さをり織り」。
しっかりと展開していけば、かなり面白い展開になると思います。



以上、初日・2日目は、長野市を中心とした北信圏域6施設をお邪魔してきました。

みなさん、お忙しい中でのご対応、本当にありがとうございました。

それぞれの特色ある意識の高さ。


やっぱり、長野県は最高です!


長野ロード最終日の東信地域でお邪魔した3施設については、また明日。

長野レポート靴紡海ます・・・。



labarca3120 at 11:34|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2008年09月25日

長野県上田市につきました。

長野市から初の長野新幹線で上田市にきました。

今日は、上田に宿泊です。


昨日、今日と長野市を中心とした北信圏域の施設を6施設回ってきましたが、

どこもとても意識が高く、前を向く姿勢や思考を感じることができ、とてもよかったです。


/楮箋蚕儚惘
下請け業務など仕事への全体意識が高く、職員間の連携的意識も高い。
何よりも僕が気に入ったのは、自主生産部門でやられているパン・クッキー事業の厨房の空気感。
パン屋としての感覚的表現になってしまいますが、ここの厨房はかなり意識が高いです。製品の品質はもちろん、人の動き、メンテナンス状態など、いろんな要素からくる空気感がとてもよかったです。担当職員さんの相当な努力と意識の高さが伺えて、とても嬉しくなれる、そんな厨房でした。

⇒々ハウス
とにかく元気、前向き。
チャンスがあるならやってみよう!という意識・姿勢のもと、取組みだした造園業は順調に売上げを伸ばし、すばらしい事業になっています。
職員さんの前向きな姿勢、チャンスがあれば営業に行く姿勢。
それらが生み出すなんとも言えない現場の明るさ。メンバーさんの明るさ。
素晴らしい!!

ライフサポートりんどう
この施設も前を向く意識、前へ行こうとする姿勢が素晴らしく、農家さんとの農業就労連携やその他施設外授産の積極的実施など、外へ地域へ行こうという姿勢が素晴らしかったです。
さらに、施設に併設している喫茶店。
まだまだ有効活用されているとは言えないものの、『接客の質』これは最高です!
お客様への対応、言葉の使い方、大きな声での挨拶。
簡単なようで難しい、ともすれば一番いい加減になってしまう部分。
これが、元気にしっかりと確立されていました。
これには、同じ飲食店を行う者として、正直脱帽です。



と、ここでは書ききれないくらい、みなさんとてもがんばっておられました。

だからこそ、何とか一緒にがんばれないだろうか!

そんな気持ちでいっぱいです。


あと4施設については、また明日。


ご飯食べに行ってきます。上田の街へ。


labarca3120 at 21:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

長野市2日目。

長野市内施設訪問の2日目を迎えています。

みんなとっても前向きな思考で、とてもすばらしいところばかりです。

いいですよ北信地域。


具体的には、宿に帰ってから書きます。

labarca3120 at 12:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年09月23日

明日からは・・・、

長野市、須坂市、飯山市、小布施といった北信地域の施設を2日間で回り、

3日目は、上田市、佐久市といった東信地域を回る予定です。


ちょっとタイトではありますが、みなさんと楽しみながら、いろんなお話ができたらいいなと考えています。


ではでは、工賃アップアドバイス業務、頑張って参ります。

labarca3120 at 21:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

南信の風。

昨日は、長野県南信地方の上伊那圏域(伊那市、箕輪町、南箕輪村)の6施設で、上伊那圏域としては第一回目の『倍増カフェ』(施設間連携を目的とした小規模ミーティング)を実施しました。

非常に盛り上がり、気付けばあっという間の3時間。

施設間が手を取り合い、互いの強みを活かしあうことの重要性を皆さん真剣に受けて止めていただき、何かできないかと真剣に議論いただきました。

とても素晴らしかったです。


そんな、第一回上伊那圏域倍増カフェから生まれた6つの実行プラン。

ヽ┐鯢舛い討い觧楡澆気鵑函印刷業務をしている施設さんと、その他の施設さんとの「連携年賀状制作および共同販売プロジェクト」。

◆峩ζ臼超肇泪麝蔑」プラン。

受託作業の共同受注体制の確立および施設間の横請プロジェクト。

ぁ崘楞」まんじゅうの製造および共同販売プラン。

コ道楡瀛殕のイベントへの共同出店体制の確立。

ζ擦留悗悗瞭碓譽屮薀鵐匹砲茲覿ζ噂佚后Χζ曳稜筌廛蹈献Дト。


といった感じで、実際の実行プランが出来上がり、いつまでにどの程度まで進めるといった実行計画を立てて終了しました。


とても熱い倍増カフェでした。

labarca3120 at 16:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年09月20日

東京での全国交流会。

東京で行われた中小企業家同友会の障害者問題全国交流会から帰ってきました。


すごく刺激を受け、すごく初心に返ることができた、

そんな交流会でした。


それから、たくさんのワクワクする面白い方と出会うことができました。


兎にも角にも、よい時間でした。


2年後の次回は沖縄同友会が担当だそうです。


と言うことで、2年後はめんそ〜れです。




labarca3120 at 23:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!