2009年03月

2009年03月30日

ラ・バルカ 6周年。

本日、ラ・バルカ設立6周年を迎えました!


多くの皆様に支えられての6周年。


皆様、本当に有難うございました。


さらなる飛躍を目指して・・・。

今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます!

ブログランキング 福祉

labarca3120 at 12:20|PermalinkComments(6)TrackBack(0)clip!

2009年03月29日

初心忘るべからず。

昨年の夏以降、出張で愛知にいないとき以外は、心に決めて実行している毎週日曜日の早朝ベーカリー部業務。

地元ホテルへの朝食バイキング用パンの配達業務。

早朝5時に起きて、7時の朝食バイキング開始までに納品する仕事。


脱サラして、借金して、障害を持ったみんなとパン屋を開業して6年。

わずか10坪のギュウギュウの店で、いろんな苦労をしてきた6年前。


あの頃は、もちろん配達業務だけでなく、自身が毎朝2時頃からパンを焼き、朝7時のモーニングに間に合わせるため、必死になって配達していたなぁ・・・。

朝上手く焼けなくてモーニングに間に合わず、宿泊のお客様を待たせてしまったこと、ホテルさんをヒヤヒヤさせてしまったことも、実は何度か。


障害者云々について、いろんな人から、いろんな批判を受け、失敗を繰り返しながらも、そうやってとにかくど根性で突っ走ってきた6年。

間違いなく事業は順調に拡大し、あの頃とは全く違う規模とステージに自身も成長したことは、紛れもない事実。

と同時に、どこか調子に乗り、他を見下し、自分は凄いと勘違いしてしまっていた自分がいたことも、事実。

自分で自分のことを凄いと思い、どこまで行っても「上」がいることを忘れ、他を見下すようになった瞬間、小さい小さい器の中で泳ぐだけの、いわゆる、「井の中の蛙」になってしまうんですよね。

狭い世界観しか見えなくなった瞬間、そこで成長は終わるんですよね。


そのことを、昨年の夏、大きな大きな失敗をしたことで、気付かせてもらいました。


以来、毎日は無理だけれども、毎週日曜日だけは、愛知に帰っていれば、業務の現場に入り、あの頃を思い感じながら、現場感を感じるようにしています。


とにかく、先が見えずとも必死だったあの頃の、


初心を忘れないように。

早朝業務2早朝業務

labarca3120 at 10:07|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

螢薀ぅ侫螢戰奪叛果報告。

labarca3120 at 01:18|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2009年03月27日

初恋レモンパン、農商工連携へ。

河合果樹園さんの無農薬レモンと当方ベーカリー部がタイアップさせていただき、推し進めてきた初恋レモンプロジェクト

*河合さんのレモンは、先般、環境保全型農業推進コンクールで、見事、農林水産大臣賞を受賞されました!


このプロジェクトが、この度、農商工連携事業(経産省・農水省大臣認定)の候補として、

いま、動き出そうとしています。


「民間(農業)と福祉(障害者就労)の連携」を唱えて始まった初恋レモンプロジェクト。


それがいま、さらに飛躍しようとしています。


「福祉は福祉」と、固まった概念ではなかったからこそ、

いま、「農商工」の一翼として、「福祉」が羽ばたこうとしています。



新しい価値観は、

確実に、

芽生えています。

農商工連携2農商工連携

labarca3120 at 15:24|PermalinkComments(5)TrackBack(0)clip!

2009年03月25日

タリーズコーヒーさんと。

来期、新規事業の1つとして、長野県は松本市にある信州大学病院内で、タリーズコーヒー店を経営します。

現時点では、6月か7月の開店を目指し、話を進めています。


障害者就労の拠点として、あるいは地域福祉施設との連携店という、タリーズコーヒーとしてもこれまでにない新たな視点とテイストをもった店舗として、タリーズさんと一緒に様々な取組みを考え展開していきます。


いろんな障害をもった方々の実践的な就労の場としてや。

地域施設とコラボした共同イベントの実施や。

タリーズ店舗内での共同物販会の実施や。

施設商品の取扱いや。

地域施設と連携した病院内ワゴンカフェの実施や。

・・・。


いろんな方たちと一緒に、

いろんなことを、

楽しく、誇らしく、

実施していきたい。


一生懸命、接客をする方。
一生懸命、お皿を洗う方。
一生懸命、バリスタを目指す方。

タリーズコーヒーという、あのエプロンを身につけ、

カッコよく、自信に満ち溢れて働く。


そんな姿をたくさんの人に見てもらいたい。



CON PASSIONE!(コン・パッシオーネ!)

情熱を込めて・・・。


タリーズコーヒー店で、オーダー時に使われる店員さん同士の掛け声の1つ。
僕が一番大好きな言葉です。


情熱を込めて・・・。

CON PASSIONE!


実現まで、あと一歩。

labarca3120 at 00:45|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

2009年03月23日

長野県へ。

只今、特急しなの号に揺られて長野まで。

今日は、団体客で指定が満席だったので、グリーン車でゆったり旅。


お昼から、当グループ内の螢薀ぅ侫螢戰奪箸今期受託した、長野県下1施設に対する工賃アップのコンサルティング事業について、その成果発表を県庁で行ってきます。


螢薀ぅ侫螢戰奪箸寮果としては、コンサルティングに入る前の対象施設の利用者さん平均工賃が約6,000円/人だったのが、8ヶ月のコンサルティングを終えて約20,000円/人という結果となりました。


約3倍強ということです。


プロセスに対する評価や数字的結果に対する評価は、様々かと思います。

ライフリベットの出した結果やそのプロセスがよかったかどうかは、

まだまだ改善の余地ありだと思いますし、
ライフリベットが、勉強しなければならないことは、山ほどあると思います。


でも、あきらかに施設が変わり、施設リーダーが変わっていき、利用者さんの意識が変わっていった。


前向きな意識と緩やかな微笑みが、日々の中に生まれていった。


さて、この施設が、これからどのようにさらなる飛躍をしていくのか。


コンサルタントとしての役割と結果に、

僕は満足をしています。


1つでも多くの笑顔と幸せをつくる!


これが、ラ・バルカグループのミッションなんです!

labarca3120 at 10:45|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

2009年03月22日

いよいよ。

桜








春ですね。

昨日は、皇居周辺と靖国周辺をウロウロと。


いよいよ、

春ですね。

桜2

labarca3120 at 20:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年03月20日

新宿で早朝ミーティング。

タリーズ新宿






昨晩は、新宿都庁前で宿泊。

さきほど、新宿のタリーズで早朝の役員ミーティングを終えてきました。


気分爽快。

でも、今日の東京は雨模様。

labarca3120 at 10:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年03月19日

東京へ。

昨晩から早朝まで仕事をし、

帰宅後睡眠3時間を経て、只今新幹線に乗車中(⌒-⌒)。

今日から、東京3日間。


今日は、内容の濃い1日になりそうです。

う〜ん、生きてるって感じです!

labarca3120 at 11:34|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2009年03月16日

飯田市 「いずみの家」さんから近況報告。

早いもので、飯田市にある「いずみの家」さんへ、移動カフェの事業提案を通じて工賃アップの支援に入ってからもう1年。
早いもんだなぁ・・・。

ということで、本日、いずみの家さんから近況のメールをいただきました。

以下メールです(掲載確認済み)。

**************************************
お世話になります。いずみの家○○です。


早いもので、あっという間に今年度も終わろうとしております。
思い返せば1年前。
夏目さんと山本さんに尻を叩かれて出店した桜祭りが、昨日のことのように鮮明に思い出されます。

今シーズンも早速動き始めまして、先週の3月8日と昨日15日に移動販売でイベント出店してきました。

8日のイベントは、天気も雨ということで製造数を減らし、約3万円の売上でしたが、昨日は7万円以上を売り上げることができました。
数字もさることながら、利用者も自信に満ちあふれ、1年前とは別人のようです。素晴しいです。
あと、移動販売をしていて感じるのは、『いずみの家のパン』がかなり地域で認知されてきたなぁということです。
このことは、単に認知されてきただけでなく、商品に対する信頼も深まっていることを証明していると思います。

気は抜けません。これからが本当にいずみの家の真価が問われるんだと身が引き締まる思いです。

**************************************


嬉しいご報告です。

僕らは、何か工賃アップの“ウルトラC”を持っているわけではありません。
ただ、人一倍の情熱を持っているだけです。

僕らができること、それは単に“きっかけ”をつくることだけ。
ちょっと情熱的に背中を押すことしかできないんです。

他人が工賃アップをしてくれるんじゃない。

人に依存せず、きっかけを「活かすか、活かさないか。」、「やるか、やらないか。」は、最終的には施設さん自身なんですよ。


いずみの家が、見事に変革を遂げる事ができたのは、

紛れも無く、

職員、利用者さん、みんなの

“もがきながら”も

前を向こうとする

“意識”



“姿勢”

なんですよね。


素晴らしい施設さんです。

labarca3120 at 19:55|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!