2021年11月25日

豊橋市から感謝状

11月24日

豊橋市から、

SDGs推進に多大な貢献をしたとして、

市内で第1号となる、

感謝状をいただいた。


3年前、政府から、

第2回ジャパンSDGsアワード、内閣官房長官賞をいただいたが、

やはり、豊橋で生まれ育った豊橋市民として、

地元からの評価は、

この上なく、

嬉しい。


この感謝状交付にご尽力いただいた皆さん、

豊橋市行政の皆さん、


本当にありがとうございました。


ここ数年で、「SDGs」という言葉や考え、必要性や意識は広がり高まりました。

それは、この世界、この国、この社会において、大きな一歩です。

でも、本質はこの「次」です。


正直、まだまだこの国の現状は、

「SDGs やってます発表会」
「SDGs できてます発表会」

になってないか??

と、僕は思っています。


これまでの「成長の陰」で生まれてきた社会課題は、
そんなに簡単に解決できるもんじゃない。

大事なことは、スマートに発表したり、スマートに解決したと見せることじゃない。


どれだけ不格好でもいい。

何度失敗してもいい。


大切なことは、

本気で、真剣に、もがくこと。


どれだけ、ガチで、もがいているか、ということ。


そのもがきは、

真剣なもがきは、

きっと、絶対に、

新しい価値観や、新しい物事や、幸せや、成長を生み出すはず。


SDGsという大きな一歩が、

「できてます発表会」に終わらず、


世界が、この国が、社会が、

本気で、真剣に、もがいていく。


何度も何度も、もがいていく。


それが、あるべき、

「SDGsの姿」

を創っていくのではないかと思っています。


地元、豊橋市が、


日本中で、世界中で、

一番「もがいている」。

そんな街になってくれることを願い、


一歩一歩をまた、

歩んでいきたいと思っています。

【東愛知新聞 掲載記事】はこちらhttp://www.higashiaichi.co.jp/news/detail/8855


image1
image0

labarca3120 at 10:29│Comments(0)clip!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔