2022年01月06日

「かっこよく輝き続ける」というフレーズについて。

皆様、あけましておめでとうございます。

2022年はどんな一歩を築ける年となるのか。

前を向き、歩もうとする、すべての皆と共に、

良き一年を築いていきたいと思っています。

本年も、宜しくお願い致します。


さてさて、新年早々、

納得のいかない電話を店舗に、

一方的にいただいた。

それは、弊社がウェブ上などで使っていた、

「かっこよく」というフレーズを消せ!という内容で、

話すだけ話したら、一方的に切れた内容だった。


まずは、店舗スタッフに心労負担をかけてしまい、申し訳なかったと同時に、

名乗らずの批判電話に、店舗スタッフのことを考えると、

僕は、心底怒りを覚える。

せこい。と。


放っておけばいい。
いちいち反応するのは大人げないよ。

と大方の皆さんは言ってくれる。が、

僕は、なんと言われようが、

言われなき批判、

名乗らず、スタッフへの一方的な口撃は、


どれだけ矢面に立とうが、

許さない。


これが、僕自身である。


内容は、

ウェブなどで弊社が記載する、

「かっこよく輝き続ける」

というフレーズについて、

働けない人もいる、ひどい、削除しろ。

という、名乗らず一方的な電話だった。



はっきり言う。

表面的なことだけで、

かっこいい、カッコ悪い、を使っているのではない!


誰もが、こうしたいと願うことができて、

誰もが、こうありたと希望を持てて、

誰もが、挑戦をしたいと前を向けて、

誰もが、また前をむいてチャレンジできる


そんな社会の在り方の方が、

カッコイイ社会だと思っているからこそ、

「カッコよく輝ける社会」と、

表現をしている。


そんな社会を創りたいと、本当に願っているからこそ。だ。


決して、表面的な見え方や、そんな狭い視点、狭い価値観で、

ましてや、働けていない人を、カッコ悪いなんて、当然思ってもいないし、

そんな低い視点で使っているのではない!!


なぜ、こんな電話を、

私たち真面目に頑張るスタッフが、受けなければならないのか。

まだまだ、多様性に理解の乏しい社会の在り方に対して、

不満を架電すれば良いのに、

なぜ、我々に、架電をし、

頑張るスタッフを一方的に責めるのか?


周りは些細なことと言うが、

僕にとっては、些細なことではない。


理由は、スタッフが責められたからだ。


こういう理不尽な社会が嫌なんだ。

優しくない社会が嫌なんだ。

僕は。



些細な事、放っておけばいい。
それが、大人な対応だ。


そんな綺麗にまとめる大人には、なりたくない。

どれだけ、会社が大きくなっても、

単純に、シンプルに、

理不尽には、怒る。


それが、

単純な社会をつくる、

原動力だと、信じています。


labarca3120 at 19:59│Comments(1)clip!

この記事へのコメント

1. Posted by ぷーママ   2022年01月08日 20:21
5 夏目さん 真剣に怒ってくれて有難うございます。
見えない障がいの息子と共に歩き、20数年心ない言葉と刺さるような視線は我慢するしかなかった。
このブログの夏目さんの言葉に励まされ、また前を向いて明日を歩いていきます。
夏目さん、久遠チョコレートの皆さん〜
本当にかっこよくて、輝いてます〜⭐️⭐️⭐️

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔