今日で11月も最後。
ブログが11/16以降、アップできていなくて申し訳ありません。

実は、11/22から五日ほど臥せっておりました。
蜂窩織炎(ほうかしきえん)という感染症にかかり、右足の太ももが腫れて高熱が出たらからです。

常在菌が何かの原因で皮膚の下に入り込んで増殖することで発症します。私の場合、何が原因なのかさっぱりわからないのですが、いずれにせよ抗生剤の点滴を5日間投与して歩けるようになりました。

元々、先週はドイツのAmandus Kahl GmbH & Co. KGのペレット成形機の試運転調整でした。
1年半をかけて新興工機さんと取り組んだ案件ですから、熱なんか出して寝てられません。

このKahl社は1876年創業、日本では明治9年。

その頃は石臼を作っていたそうですが、実は私の実家も屋号は「臼屋」で、曾祖父は同じ頃に日本で石臼を作っていたという、なんとも妙なご縁のある仕事でして。

こちらがその成型機。
095809
無負荷運転の調整中は参加できませんでしたが、実負荷運転には参加できました。
153442
原料を流し始めて20分、最初からきれいに固まって出てきました
関係者の皆様のこれまでの努力と誠意に感謝です。
142120
スーパーバイザーとして派遣されてきたデニスさんの技術者としての現場能力にも驚きました。
さすがは創業143年の老舗!

プラントの詳細はお客様のご都合もありますので、お披露目が終わってから報告したいと思います。