あけましておめでとうございます🎍
2020年のお正月を迎えることができました。
131039
先月の天気予報では年末年始の悪天が予想されていましたが、三が日は快晴。
報道によると1月は高温傾向が続くのだとか。

予報が当たりませんね。

昨日(1/2)はファクトリーから運材車を修理に出しました。
1/17に災害補助金の第二次申請が締め切られるので、その準備です。
125239
その後は松本まで行ってボイラの対応でした。
163803
エネルギー事業は年末年始も関係ないですね(笑)

被災地の皆さんはお正月をどのように過ごされているのでしょう。
水没したリンゴの木は人の手で実った果実が地面に落とされていました。
110929
水田はご覧のとおり。
110943
こういう風景を見ると正月気分が吹き飛びます。

昨年12月は忙しかったので、溜まった新聞をお正月に片付けていて、こんな記事を目にしました。

2019年12月7日付の信濃毎日新聞、一面。
県「気候非常事態」を宣言 白馬に続き国内3事例目か
190348
2050年に県内の二酸化炭素排出量を実質ゼロにするそうです。
長野県は年度内に「気候危機突破プロジェクト」として取り組み課題を打ち出すのだとか。

今回の水害のような気象災害を考えれば当然のことですし、我々のような自然エネルギーの推進を仕事にしている者にとっても喜ばしいことです。

この“宣言”がグレダさんのいう「対策のふり」にならないことを祈ります。