ついに10月ですね。
20221001_132501
3ヶ月表示のカレンダーだと年末が見えてきました。

昨日は土曜日でしたがお客様がお見えになったので、久々に、ほんと3年ぶりくらいに善行寺をお参りしました。秋晴れの穏やかな空にお堂が映えていました。まさに平和そのもの。
20221001_150049
9月末の26~27日はJWBA主催の『令和4年度 地域主導による木質バイオマス熱利用推進に向けた「地域コーディネーター・地域中核人材育成研修」』が開催されましたので、当社は松本会場の担当ということで、受講者の方々と色々と意見交換させていただきました。

これは昨年に続く2ヵ年目の開催で、タイトル通り、バイオマスの熱利用を推進するための地域の核を育成するためのものです。全国に広く薄く存在する国産燃料である木質バイオマスのエネルギー利用のためには、各地に核となる組織、つまり「人」が居ないと始まりません。

今年は県内4ヵ所、県外1ヵ所の5団体の参加を頂きました。
皆様、遠方のところまたご多用中のところ、ご参加いただきありがとうございました。

初日の午後は松本市環境エネルギー部のご協力をいただき、大手公民館の視聴覚室を借用して、松本市や松エネ、佐久エネの取り組みを紹介した後、昨年の受講者であった小布施町からその後の取り組みの状況を説明いただきました。そして、参加団体の方から、取り組みの現状や課題について説明をいただきました。
20220926_135237
昨年はコロナ真っただ中ということで、開催前のPCR検査や何やと大変でしたが、今年はマスクの着用を義務付けただけで、コロナ禍の中で身に着けた常識にもとづき開催することができました。もちろん、懇親会も。

翌日は朝から松エネのチップ化サイトを訪問しました。
DSCN0033
高品質な乾燥チップの生産における注意点や水分、かさ密度の計測方法などを説明した後、実際に移動式チッパでの実演を行いました。
DSCN0039
その後は松本市の竜島温泉に移動。
コンテナ式のボイラシステムの特徴や遠隔監視、掃除や排ガス測定などについて説明しました。
DSCN0050
昨年はここまでで終了でしたが、今年は塩尻市奈良井のByaku-Naraiに移動し最新のチップ投入用の垂直搬送機や結露を起こさない木製サイロ、コンテナ式ボイラについて説明しました。
DSCN0064
DSCN0069
様々な形態があることを知っていただくことで、各地の状況に応じたシステムの構築が可能になると思います。

最後はお昼ご飯をいただいた越後屋さんの3階で2日間のプログラムのまとめの議論を行いました。
DSCN0075
今年の受講者は昨年の方々よりも目的意識が明確でした(昨年は皆さん夢にあふれていました)。
継続して開催している為か、あるいは世の中のニーズが徐々に高まっているからでしょうか。

こういった研修は、実は私たちのような、既に運用を行っている側にも大変勉強になります。
今回も私は一つ、大変率直で厳しい質問を受けました。

議論も終盤に至った時、参加者の一人が「未利用資源の調達やチップ加工、供給、リーズナブルなコンテナ式ボイラの導入、遠隔監視、掃除や計測の様々な機器など全てが揃っているのに、どうして普及しないのか?」と質問されました。

そこです、我々、森林エネルギー事業を営んでいる佐久エネ、松エネが悩んでいる点は。

実際、佐久エネは2015年から、松エネは2018年に設立され、それぞれ翌年からチップ供給を開始していますが、未だ1ヵ所づつしか供給先を持ちません。

途中、コロナ禍に見舞われ、供給先の病院や温泉のチップ需要が減ったりの2年間を経験しているとはいえ、世の中の趨勢は2050年のゼロ・カーボンに向けて努力しなければならないはずで、ニーズはあるはずなのに、なぜ?

先日、オーストリアでペレットの流通事業を営む友人が来日しました。彼が言うには、既にオーストリアでのペレットの流通価格はウクライナ危機の前の3倍に達しており、ペレットが足らないから地球の裏側のニュージーランドからコンテナでペレットを輸入する事態に至っているとのこと。

石油やガスはおろか、ペレットやチップも底をついて、薪ストーブに頼る冬になるということでした。

実は、佐久エネ、松エネは創業時から乾燥チップ(<35%w.b.)の価格を税別20円/kgから変更していません。チップの生産と供給に必要な軽油価格があがっていて、原料もウッドショックの影響で上昇していますが、燃料はインフラだから軽々しく値上げできないのです。ちなみに、この金額は灯油の半額で、重油よりも安価です。

先日の研修でも両社の幹部と会ったのでこの件を話しましたが、難しいね、ということでした。

また、参加者からの率直な質問についても、我々は「もう少しの我慢」だと思っています。

道具立てと動機は揃っているので、あとは「火種」だけです