4/2 - 4/15

カテゴリ:

abhtête
moshui1 のコピー
zhangye



 
ヘットラボアトリエム グランドオープン記念企画展

アリアンヌ ブルトン・ウルク 個展

「reliefes」Ariadne BRETON-HOURCQ

アリアン ブルトン・ウルクは、フランス人。マルセイユを拠点に活動しています。
研究者だった父の転勤に伴い、国境を越えて様々な文化圏で育った彼女の表現は、どこか無国籍な風合いです。
中国には特に縁が深く、行きつ戻りつ30年の歳月を数え、制作に深く影響を与えたといいます。

幼少期からの、そして中国で少しづつ積もっていった、潜在的なあるいは表層の記憶に刻まれた風景が、そこにあるかのようです。時のうつろいと並行する、景色に溶け込む、身体的な、そして視覚的な揺らぎを印画紙に焼き付けようと試み、また、和紙のなかに探ります。

デジタルから遠く離れた銀盤写真と、インディアンインク(墨汁)の無限のグレートーンは、写真表現とドローイング表現の境界を曖昧にしながら、豊かな奥行きを与えています。抽象とも具象ともつかない全てを包括するような不思議なフォルムは、鑑賞者に限りないイマジネーションを与え、それぞれの記憶のなかの風景を揺り起こしてくれることでしょう。


1/1 - 1/20

カテゴリ:
lemon
「レモンパイハメレンゲの彼方へ」〜girl's best friends
もとしたいづみ × PLUMES


 Diamonds are a girls best friendは、マリリン・モンロー主演映画「紳士は金髪がお好き」の、劇中歌です。

ジュエリーも 、おやつだって誰かをハッピーにしてくれるイメージに違いありません。だけどスイーツ(おやつ)もジュエリーもHAPPY × HAPPYなだけでしょうか?もとしたいづみさんのエッセイは、1冊の絵本からひとつのおやつを選んで、決して甘くないリアルやほろ苦さもピリッと隠し味のように綴られています。エッジのきいた甘すぎない語り口からメニューを選ぶようにひとつのおやつをテーマとし、ジュエリーのイメージを超えて、自由奔放にアイデアを踊らせたアートジュエリー作品をプルームス所属作家がプレゼンテーションします。


「レモンパイはメレンゲの彼方へ」もとしたいづみ

トラのバターのホットケーキに、森で見つけた卵のカステラ……。幸福な時間と匂いは、いつまでも本のなかにある。人気の絵本作家が、懐かしい味から、不思議な食べものまで、選び抜いた「本のなかのおやつ」を切り口に綴る軽やかで心地よいエッセイ集。

集英社 ISBNコード978-4-8342-5313-9


「アトリエプルームス」松田瑛里子 大川綾 岡元杏那 岡野夏湖 小林初子 

松田瑛里子が主宰するシェアアトリエ。既成の意識やありきたりにとらわれない個々の作家の自由な発想と、対象に向けられた細やかな視点を大切にする工房である。あらゆるマテリアルを用いるコンテンポラリーアートジュエリー、日本の伝統技法に根ざした彫金、漆芸、鋳金、ジュエリーブランド経営と、各々の活動や目的は様々である。松田の感性のフィルターを通して集まったメンバーの異なる個性が行き交うことで、それぞれの作品に化学反応を起こすという、新しいアトリエのかたちを成している。 


 


このページのトップヘ

見出し画像
×