オートバイの部品加工・修理

2018年03月27日

ヘルメットホルダーの取付

RC42ホルダー4RC42ホルダー5 ホンダのRC42です、 シートを外さないとヘルメットホルダーが無くとても不便だったので画像の位置に取り付けてみました、L型アングルにヤマハ系のヘルメットホルダーを未改造で取付可、参考までににどうぞ!

lacalota at 02:01|Permalinkclip!

2017年01月31日

サイドスタンドのカット

received_909466195861958received_909466215861956DSC_0098 秋にツーリングでご一緒したオーナーさんでローダウンしたためサイドスタンドが長く傾きが足りず困っていたのでサイドスタンドのカットを提案しました。スプリングの引っかけより下で長さ調整すれば難しくはありません。

lacalota at 00:46|PermalinkTrackBack(0)clip!

2017年01月01日

バックミラーのアーム製作

DSCF1116DSCF1117DSCF1114 左右のミラー位置を同じにしたいと加工依頼、右はブレーキマスター際、左はクラッチレバーバンド上と取付高さとバーエンドからの奥行きが違うためミラー位置が左右均等になるようにアームの寸法で調整しました。ステンレスパイプにM10X1.25Pの雄ネジを銀ロー付けしました、固定ナットはステン六角棒から削り出しです。

lacalota at 23:59|PermalinkTrackBack(0)clip!

2016年02月15日

サイドスタンド延長

ドカモン1ドカモン2 「バイクが寝すぎるのでスタンドを延長して」と加工の依頼です。並行輸入車だと通行方向の違いでバイクが傾き過ぎると聞いた事があります。20ミリ延長し接地面が並行になるようにストッパー部分に点盛しました。バイクはドカモンです。


lacalota at 23:32|PermalinkTrackBack(0)clip!

2016年01月16日

ひどいカスタムの修理 サイドスタンド2

CB Sスタンド修理、補強06CB Sスタンド修理、補強08 ローダウンにカスタムしたためサイドスタンドは取り付けボルトを外し上部だけの溶接で固定という加工です、重たい車体は支えられずだんだん傾いてきていました。下部にあて板を入れました、これで傾いてこないはず。何でこんな加工で大丈夫と思えるんでしょうね。

lacalota at 07:45|PermalinkTrackBack(0)clip!

ひどいカスタムの修理 サイドスタンド1

CB Sスタンド修理、補強02CB Sスタンド修理、補強04CB Sスタンド修理、補強10CB Sスタンド修理、補強12 「サイドスタンドが折れたので直して」と修理の依頼 バイクはCB750Cをローダウンにカスタムしスタンドは寸法詰めしてました。画像のように加工部分は溶け込みが少ない溶接の上にパテで修正して見た目は綺麗に出来ていました。カスタムされた業者の方はこれで大丈夫と思われているのでしょうね、円錐状に削って肉盛りで仕上げました。

lacalota at 06:07|PermalinkTrackBack(0)clip!

2016年01月06日

穴が空いたマフラーの修理

チタンマフラー01チタンマフラー2 緩んだラジエターが干渉して穴が空いてしまったチタンマフラーの修理依頼です、異音がしていたはずなのに何で気が付かなかったのかな?

lacalota at 02:07|PermalinkTrackBack(0)clip!

2015年12月16日

頭をなめてしまったドレインボルトの外し方

ドレインB ドレインボルトの頭をなめてしまいバイスグリップで外そうと努力したあとが有りました、この様にナットを溶接すれば外せます。ネジ山は問題ありませんでした。

lacalota at 03:07|PermalinkTrackBack(0)clip!

2015年08月18日

Buellのタンデムステップ

Buell-Re19Buell-Re04Buell-Re06Buell-Re07Buell-Re08Buell-Re14 切り落とされてタンデムステップの無いBuellのタンデムステップの取付依頼です。ホンダのタンデムステップを流用 ステップのマウントを作りお客様希望の所へ取付ました。序でに振動でクラックの入ったバッテリ台も修理しました。

lacalota at 02:39|PermalinkTrackBack(0)clip!

2014年12月20日

折れたボルト 高強度ネジロック使用

DSCF0530DSCF0533「スクーターのディスクローターを外そうとボルトを緩めたら3本中2本が折れたので外して!」と修理の依頼です。話を聞くとボルトを緩める時に暖めずに行ったそうです、高強度のネジロックを使用している場合はボルトを少し暖めれば緩むんです。センターに穴を空けヒートーガンで暖めてからエキストラクターで外しました。簡単

lacalota at 10:32|PermalinkTrackBack(0)clip!