自転車修理

2019年08月08日

ママチャリもグリスアップ

IMG_4462 メーカー出荷時昔ほどタップリグリスが入っていません、放っておくとこの様に。ママチャリもたまにはメンテ

lacalota at 21:45|Permalinkclip!

2018年03月15日

フォークコラムの修理

コラムネジ山修理2コラムネジ山修理3 フォークコラムのネジ山修理です、無理やり回すのはやめましょう!

lacalota at 14:18|Permalinkclip!

2016年12月31日

センタースタンドマウントのクラック修理 

DSCF1199DSCF1200DSCF1201センタースタンドのマウントにクラックが入ってしまったビーチクルーザーの修理です、早く気が付けばクラックは片側で済んだのですが、、「ペイントは気にしません」って事なのでさび止めをはけ塗りで。

lacalota at 22:17|PermalinkTrackBack(0)clip!

2016年12月09日

フロントフォークの修理 アシスト自転車

DSCF1187 のコピーDSCF1191 のコピーフォーク修正で遠方からの依頼です。近所のショップ、大型店では修理不可、交換と言われたそうです。画像での判断で修理お受け致しましたが実物を見たら「交換」の意味がわかりました。フォークステア、ヘッドチューブも曲がっていました。買い換えはもったいないですよね?異常が出たら使用停止と言う条件で修正致しました。

lacalota at 13:53|PermalinkTrackBack(0)clip!

2016年12月08日

フロントフォークの修正 一般車

DSCF1174DSCF1175右側走行してきた自転車と出会い頭の衝突で曲がってしまったフォークの修理です、修正でここまで戻せます。僕も右側走行してくる自転車にヒヤッとする事がよくあります、左側走行厳守してもらいたいですね!

lacalota at 00:53|PermalinkTrackBack(0)clip!

2016年11月29日

フロントフォーク修正 アシスト自転車

DSCF1032DSCF1031DSCF1034「前ブレーキがタイヤに擦れてる!」と整備不良を指摘されました。「ぶつかったことありませんか?」とフォークの変形を説明し修正しました。
DSCF1041

lacalota at 16:20|PermalinkTrackBack(0)clip!

2016年07月14日

固着したステム、シートポスト

DSCF0752DSCF0770 固着して抜けなくなってしまったシートポストを自分で抜こうとトライされるのはよいのですが、カットしたり立てに裂こうとして(画像左)手に負えなくなってから持ち込まれるのがいちばん手がかかります。カットなどしなければ右画像の様にほとんど抜けますから。

lacalota at 00:43|PermalinkTrackBack(0)clip!

2016年07月10日

こんなことも有りますよ!

DSCF0762 パンク修理でチューブを取り出そうと思ったら取り出しにくいんです、サイズ違いが入ってました。

lacalota at 04:56|PermalinkTrackBack(0)clip!

2016年03月02日

パンク修理をしていると2

DSCF0060DSCF0256 パンク修理をしていると気づくことが、、、ケーブルがばらけないようにネジッて組むショップ。フレームが壊れちゃっててもわからず乗ってるオーナーさん。

lacalota at 03:24|PermalinkTrackBack(0)clip!

パンク修理をしていると1

DSCF0146DSCF0147 パンク修理をしていて気が付くことが、、、これブレーキの組み付けが違うんじゃない? 交換にはちゃんとしたタイヤを使用しているのに新人さんがしたのかな?

lacalota at 03:13|PermalinkTrackBack(0)clip!