楽ろまSALOON

ピアノ、キーボード&クロマチックハーモニカ活動、レコード&CDコレクションなどにまつわる日々の出来事

Heron Live@磔磔

日にちは前後しますが、11/16(水)、ブリティッシュフォークグループ、ヘロンの京都公演に行きました。"木漏れ日フォーク"と形容され、特に日本では大変人気がありますね。オリジナルメンバー4人が揃っての初来日、これは嬉しい限り。
磔磔という空間にぴったりなナチュラルな演奏、ずっと聴いていたい心地よさでした。
東京公演も大変盛況だったようです。




FullSizeRenderFullSizeRender

Pilot live @Abeno Rocktown

あああ....更新サボりすぎ

体調は悪くないのですが、さすがに今年の疲れを感じつつあります。
10/18に父親の納骨を無事終え(正式にはまだ仮安置で、来年の2月くらいに納骨式予定)、張り詰めていたものが緩んでしまっています。ライヴのお話もいくつか頂いているので、気持ちを切り替えていきましょう。

去る11/24(木)、1970年代中頃に活躍していたイギリス(Scotland)のパワーポップバンド、パイロットの大阪公演を見にいきました。私がミドルティーンの頃のアイドルですな
約40年を経てライヴを見ることが出来るなんて....大阪に来てくれて本当にありがとう。
オリジナルメンバーのDavid PatonとIan Bairnsonはもちろん、支えるサポートミュージシャンも安定の演奏力で、かつてのヒット曲を忠実に再現。終始笑顔にさせてくれる素晴らしいひとときでした。
ライヴ終了後は、サービス満点のサイン会、嬉ししすぎてこのザマでございます





FullSizeRenderIMG_0242















IMG_0244IMG_0243

















東京ライヴの模様。

CVP入れ替え

以前、クラビノーバCVP307を買った日記を書きました。それから約10年、かなり弾き倒してきたせいか、鍵盤タッチがやや不安定になってきたので、思い切ってCVP709に買い換えました。

グランドピアノに近い重みを持った木製鍵盤(無垢材使用)、弾いている時も滑らず指に吸いつくような安定感があります。他のステージピアノなどでは結構重い鍵盤もありますから、クラビノーバでこれくらいのウェイト感で弾けるのは嬉しい。(Nordは軽いけどね^_^;)
ピアノ音源は、ヤマハCFX、ベーゼンドルファー(インペリアル)サンプリングということで、今までの音色とかなり違った印象があります。響きが深く豊かですし、709ではハーフペダルで微妙なニュアンス表現も可能。スピーカーシステムにもかなり力を入れているがわかります。

前機種の600番台から取り入れられたタッチパネル、階層型の操作には非常に使いやすいです。
ボタン操作もあるけれど、大きな画面に情報も見やすく配置されていて、パソコン、スマホに慣れている人なら「直感的な」操作も可能かも。

言うまでもなく、デジタルピアノは、本物のグランドピアノやアップライトピアノとは「別の楽器」です。それらの「弾き心地」を目指しつつも、CVP709はデジPとして個性の強い機種という印象を受けました。また10年間は使いたいです。


IMG_0101IMG_0103

アナログ猟盤の小旅

台風が来る直前、9/16〜17にかけて、高松のレコード店、Roots RecordsさんとMushroom Recordsさんで猟盤三昧してまいりました。瓦町駅周辺の中古レコCD専門店は、今やこの2店しか残っていないそうです。
ルーツさんの店内、中古楽器やレトロな小物類で飾られた非日常な空間、童心に帰れます。
店長さんとの会話も盛り上がり、楽しい2日間でした。
高松、今回で4度目の訪問なんですが、もちろんうどんも美味しいし、瀬戸内のお魚料理も美味しいし、大好きな街です。


IMG_0061















IMG_0064








FullSizeRender

新しいオーディオ環境(中古^^;)

レコードを集めるのが好き、と言いましても、オーディオ機器には無頓着です。
80年代中頃に買ったしょぼいミニコンポ、ここ数年は故障寸前だったのを騙し騙し使っていたのですが、遂に動かなくなり春先にスピーカーごと処分、アナログ盤が聞けない状態でした。
どうしたものかと悩んでいたのですが、長年使っていなかった主人所有のパイオニアのレコードプレーヤーとアンプ(80年代中頃製)を引っ張り出し、四半世紀ぶり?に電源入れたところ、(ヘッドフォン使用で)作動することを確認。

あとはスピーカー。レコード友達の皆さんにアドバイスをいただき、日本橋の某中古オーディオ専門店で試聴した結果、PMCのFB1、いわゆるトールボーイ型のフロアスピーカーを購入しました。これは2000年中頃の製品らしいです。ひとつ22 kg!持ち上がりません

レコード針も交換し、準備万端。ケーブルに繋いで音出し.....え〜っ、左が鳴らない!
試聴した時は問題なかったから、多分アンプに問題ありかな?。いろいろ試してみても、たまにプチプチ聞こえるけど、鳴らない。仕方なく、買ったお店のスタッフさんに先日アンプをチェックしてもらったところ、アンプのスピーカーバランスを調整するノブの接続が悪くなっているようでした。
レコードを再生しながら、ノブをぐりぐり回し続けていると、プチプチがだんだん音として聴ける状態に変わってきます。左右のスピーカーからバランス良く聴こえてくる位置にノブを調整すれば、ちゃんと聴けるようになりました。しかしまだ不安定、25年近くも使っていないのですから、当然といえば当然です。毎日使うようにとのアドバイス、そうですね〜、往年のパワーを取り戻してくれるように、じゃんじゃん鳴らしていきましょう


FullSizeRender
peaklevel flyer front peaklevel flyier flip
piano
教室イヴェント&ライヴ
12/11(Sun)
ヤマハミュージック大阪千里
ジョイフルコンサート(発表会)


2017/3/4(Sat)
大東楽器アミューズ京橋
バレンタインコンサート(発表会)
Old Records Never Die! レコスケ
最新コメント
月別アーカイヴ
mixi(ミクシィ)やってます!


livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ