レディースキッド ~靴を悩みなく、綺麗に履く~

i/288パンプスを中心に、19cm~27cm、幅細・幅広まで揃う婦人靴店。痛い、脱げるから卒業したい、大人の女性のためのお店です。

2012年05月

レディースキッドにも、小さいサイズ、大きいサイズのスタッフがいます。

お客様と同じような悩みを抱えていらっしゃる…
そんな彼女たちの、ちょっと長いつぶやき、不定期連載2回目。

21cm(靴によっては20.5)のスタッフMが、
”一日歩く用にサンダルを選ぶとしたら”
をお題にした、ちょっと長いつぶやきをお届けします。

=================

《 サンダルの選び方 ~1日歩く用のサンダルの場合。。~ 》


暖かくなり、洋服屋さんのラインナップも変わってきて、そろそろサンダルが欲しくなる季節ではないでしょうか?
池袋のお店もサンダルが多くなり、サンダルがパンプスと同じくらい売れています。
今回は履きやすさ重視でサンダルを選ぶ時に私が気を付けているポイントをいくつかご紹介します。

・ソールの厚み

特につま先部分の厚みがある程度あるかどうか。
ソールが薄いと裸足でコンクリートを歩くようなもの。1日歩くと足裏が痛くなってしまいます。


・つま先のあき具合と足の形

つま先がたくさん出るデザイン、少しだけ出るデザイン、色々なデザインがあります。
ご自分の足にはどんな形が合うでしょうか。
つま先がたくさんあいているデザインは細い足、甲の薄い足の場合はスッと前に出てしまうので合いにくいことが多いです。
お客様と靴選びをしていて感じるのですが、足に合うデザインを選ぶと、自然と足が美しく見えますので、ぜひご自分の足に合うデザインを探してみてください。

・細いデザイン、太いデザイン

アッパーが細いデザインのものは華奢でキレイで魅力的!ですが、歩く用のサンダルはアッパーが太めの方が良いと思います。
アッパーで足を支えるわけですから、細いものだとその部分にピンポイントで力がかかってきます。
太いもので力を分散させることで靴ズレが起きにくくなります。

もちろんこの3点のポイントが絶対というわけではありません。
木型が足に合っていればこの通りでなくとも履きやすいということはあります。
少しでも皆様のサンダル選びの参考になれば、と思います。


またシーンに合わせて、あるいは着る洋服に合わせて靴を買うと良いのかな、と思います。
やはり“何にでも合う靴”というのは無いと思いますし、何足かを使いまわして靴を休ませてあげることで長持ちさせることが出来ます。

=================

というわけで、ご参考になりましたら幸いです。。

こんにちは

サイトの一時閉鎖などでご面倒をおかけ致しましたが…
レディースキッドのサイト、マイナーバージョンアップを行ないました。

何が変わったかと言いますと…
(お客様からは見て頂けないところでの変更は省きます)

------------------------

1) 詳細検索が付きました

2) 商品画像がより多く掲載できるようになり、
   より詳細に商品をご覧頂けるようになります。

3) 「サイズ調整サービス」を、購入時にご選択頂けるようになりました

4) 一覧表示に、価格が表示されるようになりました

5) 送料表示を調整、機能追加しました。

------------------------
というあたりになります。

さて、今回の改修のメイン(?)となる
【詳細検索】
について、こちらで少し細かくご案内させて頂きます。


【 ステップ1 】

ご自分の希望サイズ(複数可能です)をチェックする

< 1つチェックすると、ステップ2が自動的に現れます。
   ただその後も、サイズのチェックを増やすことは可能です >

【 ステップ2 】

細かな条件を入れます。

例えば
「ヒール高が5~7cm程度で、ビジューがついた革のシューズが欲しいわ…」
という場合は、

--------------

▽ フリーワード  : 「ビジュー」 と入力

▽ ヒール高 : ”4~5cm 台””6~7cm台” の両方にチェック

▽ 素材    : ”本革” にチェック

--------------

と設定し、【この条件で検索】のボタンを押すと、
該当する商品が、ボタンの下に一覧表示されます。

商品をクリック頂くと、別のウィンドウ
(お使いのブラウザの設定によっては、別のタブ)に
商品の詳細ページが開きます。


レディースキッドのサイト、商品点数が多い分、
お探しいただきにくい面があるかと思っております…

ただこの詳細検索にて、他にもいろいろな条件を組合せることで、
商品数が多い中から、よりお客様のご要望に
合う商品をお選び頂きやすいようになれば幸いです。

他、ご不明点などありましたら
ご遠慮なくメールくださいませ。

よろしくお願い申し上げます。

↑このページのトップヘ