livedoorねとらじに最初にアクセス時に設定する、自分の使うプレイヤーの設定に関して解説した文書です。
目次
1:プレイヤー選択について
2:初回アクセス時にプレイヤーを選択する
3:プレイヤーを選択し直す
4:プレイヤー選択で行われていること


1.はじめに
 livedoorねとらじに最初にアクセス時に設定する、自分の使うプレイヤーの設定に関した文書です。


2.初回アクセス時にプレイヤーを選択する

ねとらじに初回アクセス時は、番組表ヘッドラインの上部あたりにこのような選択ボタンが表示されます。
このボタンでは一般的に広く普及していると思われる3つのタイプのプレイヤーを選択可能にしており、 利用者の皆様はここで自分のマシンにインストールされているプレイヤーを選択することで、その後はそのプレイヤーを使ってねとらじを利用することができるようになります。

WMP
WindowsMediaPlayerです。
こちらからダウンロード可能ですが、Windowsには標準でインストールされています。

RealPlayer
こちらからダウンロード可能です。

Winamp、その他mp3プレイヤー
Winampはこちらからダウンロード可能です。QuickTimeやiTunesに関してもこれを選択することで利用可能です。
その他一般的なmp3プレイヤーならほとんどこちらを選択することで利用可能です。

プレイヤーを選択して何か適当な番組の再生ボタンを押すと、選択したプレイヤーで番組の再生が始まります。
その後は毎回選択することなく、再生ボタンを押したときはいつもその時選択したプレイヤーが起動してくれます。



3.プレイヤーを選択し直す
最初に選択したプレイヤーを設定は聴き方設定から変更することが可能です。
その後も何度でも好きな時に選択し直すことができます。



4.プレイヤー選択で行われていること

プレイヤー選択ボタンを使用することによりそのマシンに対してCookieが発行され、番組を再生するURLをクリックするとそのCookieの設定にしたがってそれぞれのプレイヤーに対して該当するContent-typeと放送URLの記述されたプレイリストファイルが出力されます。
そして利用者側のマシンでは関連付けられたプレイヤーが起動し、放送の再生が始まることになります。
各プレイヤーに対して出力するContent-typeとプレイリストファイルは以下のようになります。

・WMP
audio/x-ms-asx
.asx

・RealPlayer
audio/x-pn-realaudio
.rm

・Winamp、その他mp3プレイヤー
Audio/x-mpegurl
.pls

このため、ヘビーユーザ様などでファイルの関連付けなどを独自の設定にカスタマイズされている方は、プレイヤー選択ボタンが上手く動作しない場合があります。