ホールインワンの確率は、アマチュアの場合だと
およそ1万ラウンドで1回の確率と言われている。

生涯に一度あるかないかという極めて低い確率のもの香港牛栏奶粉2013最新事件
そのため、ホールインワンを達成すると、
お祭り騒ぎとなり、記念植樹をしたりパーティを開いたりという事になる。
その費用が30万円から100万円もしてしまう。
お金持ちならいざ知らず、サラリーマンであれば、こんなことは敬遠したいもの。
そこで生み出されたのが、ホールインワン保険。
ただ、証人は一緒に回っているメンバーとキャディさん。
怪しむつもりはないが、
保険ができてからのホールインワンの達成確率が上がったとも言われる。

このホールインワンの確率、男子プロならば、3,600分の1、
女子プロならば、5,000分の1程度となる。
このように、アマチュアに比べ格段に確率が高いのは、
腕前が違うということも然(さ)ることながら、飛距離が違うために、
ワンオンできるホールの数が多くなるためもある。
とは言え、いくらプロと言えど、ホールインワンは容易ではない。

ところが、世の中には、不思議と言えそうなことがある。
アメリカのプロゴルファー、スコット・パーマーは、
1983年のシーズン9カ月間に18回のホールインワンを記録している。
(ついでに言えば、翌年までの丸一年で33回も記録)
通常の確率を遥かに凌いでいる。

この不思議を追究すると、これを達成したのは、1回を除いてすべて、
スポルディング・トップ・フライトと名付けられた同一のボールだという牛栏奶粉2013最新事件
そうなると、ボール自身が、そんな運をもっているのかもしれないと思ったりする。
選手がボールに意志を伝え、それを受動する力で入っているともいえる。

そういえば、世界の電器王と言われた松下幸之助氏は、
一代で巨万の富を得たが、彼は、お金などを支払うときに
決まってお金に対して、何か囁(ささや)いてから渡したという。

その言葉については、今となっては、知る由もないが、
ただ、人の語るところによるとその囁きの言葉は、
『倍になって還って来い』だと。

『たかがモノ』と言わず、
そのような姿勢で向き合うことが運を変えるかもしれない香港牛栏奶粉最新事件2013之召回