2015年12月13日

中国雲南省 シャングリラ 街あるき


IMG_6938

シャングリラの古城は、とにかく絶賛修復中です。街の中心の四方街はめちゃくちゃな状態(2015年9月の時点)で、行けません。行っても何もありません。お土産も大したものはないので、オサレなものや美味しいものは麗江で買うか、シャングリラの空港で買うといいです。

IMG_7045
でも、いいですぞ。

IMG_7049
シャレオツです。

IMG_7050
わんこ見えるかな?

IMG_6949
カフェやらバーやら、みんなシャレオツです。

IMG_6948
この懐かしい感じ。

IMG_7069
土の壁に草がモフモフ。お花がさわさわ。

IMG_7070
地酒の蔵元。入ってみたかった!

IMG_7168
いい感じの宿。Cトリップ(中国のエクスペディア)のガイドによれば一泊280元。いいね。

IMG_6954
夕方七時に月光広場で始まる踊り。チベット族の伝統的な踊りかと思ったら、ほとんど広場舞だったっつーね。振り付けが難しくて全然ついていけなかった…(はい踊りました)

BlogPaint
舞の合間の休憩タイムに記念撮影。衣装が可愛いざんす。紫外線が強いからみんな色黒で、すごく親近感が湧くんですけど!

IMG_6963
チベタンマスチフ初めて見た!

IMG_7066
さすがチベット族自治州。いるわいるわ。

IMG_6945
この子はゴルですが。しつけが全然入っていなくてチョ〜可愛かった(笑)。そういえば、シャングリラには純血種のわんこが多かったんだけどなぜかしら。

IMG_7106

IMG_7142
こういう雑種が好きなのに。


IMG_7170
月光広場には、広場全体をコの字形に囲むように建てられた、すごく大きな博物館がありまして、なんと入場無料です。

IMG_7173
まさかの抗日展覧会開催中! でした。人民解放軍の歴史展なんですが、
IMG_7172
まぁ、ほぼ抗日よ。


IMG_7171
けっこう見応えのある展示でしたが…若い毛沢東かっこいいしね。

IMG_7169
苦手な人は入らないほうがいいですね。
でもじっくり見ればひまつぶしにはなります。中国語がわかれば、他の見学者が話す感想を聴き取れたりして、さらに面白いのではないかしら…?



しょうもないことを考えず、マニ車をまわして徳を積みましょう!




ladyanahori at 16:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Share on Tumblr  | 雑談

中国雲南省 麗江 街あるき

IMG_6568
すっかりテーマパーク化して…とか文句を言っているひとも多い麗江古城ですが、きれいでしたぞ。空いている時期(9月後半)に行ったのがよかったのかもね。

IMG_6566
連休には、どえらいことになるんだろうか。なんか最近京都の嵐山がどえらいという噂を聞いたんだけど。

IMG_6565
ここに入るには入場料80元が必要です。

IMG_6570
とにかく「木府」方面を目指してください。途中にこんな革製品やさんがあります。

BlogPaint
記念撮影しても怒られません。空いてる時期だからかもしれないけど…。

IMG_6581
獅子山公園まで行きますと、甍の波を見られます。

BlogPaint

Jさんからのツッコミ「麗江の街並みが一望できるスポットは木府ではなく、獅子山公園(その中の楼閣が万古楼)です(笑)」
サーセン!木府って書いてました。(笑)が痛いぜ…。

IMG_6573
我々はパスしましたが万古楼」という楼閣に入場するには50元の別料金がかかります。
これで合ってるかしらJさん?

BlogPaint

掃除がすごく行き届いていて、チリひとつ落ちていないところがテーマパーク的。お掃除の人たちが若い女性で、しかもファッション盛っている…赤いワンピースにヒールで、麦わら帽子に竹箒だよ!

IMG_6582
木府への道はけっこう坂がキツイので、お店を見ながらゆっくり行くのがよいですよ。瓶入りヨーグルトがものすごく美味しいです。(写真なし。テへ)

IMG_7552
かわいい洋服屋や雑貨屋もあって、ヤバイです。中国ボタンのリネンシャツとワンピそれぞれ100元だよ? 安くない?

IMG_6595
彼女をキレイに撮るために水路に入る。中国の男は優しいんだよね。

IMG_6606
盛っている人。

IMG_6607
この子のコーディネイトかわいい。

IMG_6669
七時でもまだ明るい9月の麗江。

IMG_6675
幸せそうなお嫁さん。

IMG_6676
このダンナさんにはちょっと清原が入っている。

IMG_6672
火鍋屋の窓の外で具を投げてもらうのを待っているわんこ。

IMG_6682
抗日グッズが異様に充実した雑貨屋さんのわんこ。

IMG_6691
レストランのわんこ。

IMG_6693
夜はあちこちのバーやレストランでライブをやっていて、賑やか。
リクエスト1曲50元。メイデイ人気でしたね。うぇんろう〜。

IMG_6694
石畳なので、暗くなったら足元には気をつけよう!
アーンド、9月の雲南省はまだちょっと雨季なので、傘はもちあるこうね!


でないと、どしゃぶりで泣きを見ますよ。(よくわからないなこの動画…バーで雨宿りしてるんだけど)

泣きを見るといえば、白衣を着たレストランの厨房の人が、水路に魚をとるタモを突っ込んでかき回していたんですよ。ここから魚とって料理を!? と思って見ていたら、かたわらに結婚写真撮影中のカップルが。何かを落としたらしく…新婦半泣きで…まさか指輪とか…?




ladyanahori at 14:08|PermalinkComments(2)TrackBack(0) Share on Tumblr  | 雑談

中国雲南省 昆明 街あるき(カルフールくらいしか行ってないけど)

IMG_6479
昆明では、カルフール(中国語で言うと家楽福じゃらふ〜)に雲南ハムやお茶を買いに行きました。Jさんが下調べをしてくれたので、近くにある古い街並みをぶらつくこともできました。一人だったらカルフール直行直帰だったわ(笑)。

BlogPaint
ここらへんです。うーん、どうやって行って帰ったのか、全然思い出せないんだが。地下鉄乗ったかなぁ? いかにJさんに丸投げだったかわかるなぁ。

IMG_6477
かっこいい建物。中に入ってみればよかったな〜、と毎回帰ってから思うよね。

IMG_6478
ベビーベッドがシブい。周りの派手さと好対照をなしていると思います。

IMG_7558IMG_7559
カルフールでは、よくあるプーアール茶と、くるっと丸まったビールオ茶、

IMG_7560IMG_7553
ものすごく苦い(友だちにお土産にしたら怒られたくらい苦い)苦丁茶、雲南ハム、牛肝菌(ポルチーニ茸)などをなかば発狂しながら購入、まだ旅の初めなのに荷物がズッシリと重くなってしまいました(←バカ)。




ladyanahori at 13:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Share on Tumblr  | 雑談

2015年12月06日

昆明・麗江・シャングリラ個人旅行 宿について

9月18日〜19日 昆明 頤華商务酒店
 Enjoying International Hotel

昆明駅に近いビジネスホテル。2泊で476元。(1元=20円くらいです)
空港からのリムジンバスを降りた場所から歩ける距離なんだけど、夜だったのでタクシーを拾いました。
Jさんからのツッコミ「初日、昆明空港からホテルは、リムジンの終点から歩いていきましたよ」
サーセン! 歩いて行きました!

BlogPaint
バスを降りると白タクの客引きが群がってきてウザいのよ〜。なんとかならないのかしら。
近いから拒否られたけど、3台目に優しいお姉さんドライバーに当たって無事到着。
Jさんからのツッコミ「タクシーは小人国からの帰りに、翠湖公園→昆明老街→カルフールに行き、そこから数台拒否られた後に乗ったので、その日と混同されていると思われます」
サーセン! やっぱりリケジョ様は頼りになるなあ。


IMG_6392
バスルームが異常に広くてたまげた。部屋はきれいで広くて快適でしたよ。
安い食堂も近所にあるし、次回もここでいい感じ。もう道順はわかったから歩いていけるし(笑)。



9月20日 麗江 金泉大酒店
Golden Spring Hotel

シャングリラ行きのバスターミナルのすぐそばにあるホテル。1泊148元
安いのに、きれいな庭はあるし、雰囲気のあるインテリアだし、おいしい朝ごはんが食べられるいい宿でしたよ!

IMG_6553
すごい細工でしょ?

IMG_6554
他のお客さんの部屋ですが(笑)。
ベッドが中国式の寝台なの。マットレスが固くて、Jさんはちょっと背中が痛かったようです。

IMG_6556
フロントとレストランがある棟と宿泊する棟は少し離れていて、間に庭が。

BlogPaint
ぶらんこが〜! ずっとここにいたくなる。

あ、そうだ! わたしこのホテルに忘れ物をしたんですよ。Kindle端末を。フロントに行って「わんらどんし〜!(わすれものをしました)」「ざいちゅあんしゃん!(ベッドの上です)「しぇんまどんし?(なにを?)

うっ、キンドルってなんだ!? 携帯じゃないし!
「じぇーやんだどんし(こんなものです)スワイプする身振り(笑)。「へいすーだ(黒いものです)

バカなりにがんばりました(笑)。JさんもスマホでKindleの画像検索して見せてくれたり。←グッジョブ!

「ぴんぱんでぃえんなお?」
そうだ! タブレット端末=平板電脳(ぴんぱんでぃえんなお)だ!
「ドゥイドゥイドゥイ!(イエスイエスイエス!)

フロントマンが客室係に連絡してくれて、しばらく待っていたら出てきました。
感動!!! 



9月21日〜22日 麗江束河古鎮 麗江害
 The Bivou Lijiang

BlogPaint
オッサレでしたね〜ここは。
世界遺産の村「束河古鎮」の中にある宿で、ふるい民家を改築してホテルにしてあります。
2泊朝食付きで1360元

スタッフはみんな若くて、中国人なのに英語しか話さない。表示もすべて英語です。中国語を話せない人に強力にオススメします。

IMG_6699
我々の部屋はすこし小さめ。だけど庭付き。

BlogPaint
庭っていいなあ!

IMG_6611
ここのマットレスは高級だったなー! 真っ白でふわんふわんのバスローブがむちゃくちゃ癒やしてくれる!

IMG_6664
ポーチにはにゃんこまで! この子すっごいモフらせてくれました。

いやもう完璧ですこの宿は。ぜひ、新婚旅行で行ってください!

この宿はブッキングドットコムで予約したんですが、予約完了直後にスタッフから直接、現地でのアクティビティ資料が添付された至って親切なメール(もちろん英語です)が来ました。

タクシードライバーに見せるための近辺案内図まで付いていましたよ…。予約した時から始まるおもてなし…絶対キャンセルできねえなこれは! と思いましたね。




9月23日〜24日 シャングリラ 
悦驿览星阁客栈
Shangri-la E-Outfitting Star Hostel


シャングリラ古城内のオサレ宿。ここも伝統的な建物をホテルにしてあります。
2泊朝食付きで916元。

IMG_6929
部屋からシャングリラのランドマークが丸見え。

IMG_6959
麗江の宿もそうでしたが、こういうお高いオサレ宿っていうのは、インテリアにスキがないですね。ちょっとした把手やハンガーラックまで、ちゃんとコーディネートされているんですよ。
いいお店やホテルの調度品に100円ショップのものがあったりすると興ざめだもんね。(こないだニューオータニのトイレでダイソーっぽい小物いれを見ちゃった…)

IMG_6927
ベッド素敵でしょう? 寝台なんだけど、マットレスは高級で、寝心地最高でした。

IMG_6931
風情がある…のだが、この壁の内側の部屋の人たち(カップル)がいつもカーテン開けっ放しで…いろいろ見えてしまって困りました。

IMG_7065
夜はこんな感じに。やっぱり中国ではこういう古い建物で過ごしたい。写真取るの忘れたけど、広い屋上にベンチがあって、寝っ転がって夜空を見られるようになっていました。

IMG_7046
古城内のいくつかの建物がこの宿として使われていて、朝食は少し離れた別の建物で取ることになっていましたね。大丈夫、連れて行ってくれますよ。

この宿のハニー・チョウ(Honey Chou)さんという若い女性の英語が流暢だったなぁ。ここは英語縛りではないので普通の中国語でも話してくれましたが(笑)。出迎え、車の手配など、とても親切に面倒を見てくれて、なんてすばらしいスタッフなの!? 彼女きっと出世するわ! と感動していたら、

実は彼女が「老板(らおばん)(ボス)」だったということが帰る間際に判明。



9月25日 成都 瑞升明院
Ruisheng Apartment

帰国する便が成都発のため、寝るためだけに泊まったサービスアパート。一泊128元。
壁紙が剥がれて垂れ下がってる部屋に初めて泊まったよ〜。

IMG_7185
スプリングがギュウう〜っと鳴るベッドだよ!

IMG_7184
でもWi-Fiはビンビンだったし、

IMG_7186
お湯はジャンジャン出るし(シャワーヘッド割れてましたが)、シャンプーリンスせっけんもあったからオッケーです。

フロントのお姉さんは感じのいい人で、中国語話せるって言ったら喜んでた。こういう宿って、朝は出発便に合わせてドライバーが送ってくれてとても便利。なんだけど、空港から乗ったタクシードライバーが道順わからないみたいで不安だったわ(笑)。

Jさんが宿に電話をかけ、つながったところで運ちゃんにパス! という素晴らしい技を繰り出してクリアよ。グッジョブ! 皆さまもこれやってみて!

それにしても、運ちゃんの四川方言ぜんぜん聴き取れなかったわ…。「外国人(わいぐおれん)」しかわかんなかった。

以上、宿についてでした!






ladyanahori at 11:32|PermalinkComments(2)TrackBack(0) Share on Tumblr  | 雑談

2015年11月23日

昆明・麗江・シャングリラ個人旅行 メシ写! (シャングリラ)

シャングリラでも、毎日オサレなお店に行っていましたよ。だってオサレじゃない店がないんですよ。すごいよね観光地って! わたし普段はカフェとかほとんど行かないんで、この旅で一生分行ったかもしれない。

IMG_6946
これはシャングリラの地ビール「松喝ソンハー。なんと麦みたいな穀物、青稞で作っているそうな。

IMG_6951
ヤクの肉の冷菜。

IMG_6952
きのこ炒め!

IMG_6961
宿のお姉さんが入れてくれた青稞茶。色がきれい。日本の麦茶とちがって焙煎していないのかな。香ばしくて美味かった。のに、買ってくるのを忘れた…

IMG_6962
宿の朝食。ここも一人分ずつサーブされる式。炭水化物祭り気味だけどオサレ。

IMG_7013
普達措国家公園の中のコンビニ的なお店にあった謎のおやつ。海苔巻き肉ケーキ。

IMG_7044
Jさんが買ってきてくれたバター茶。むちゃくちゃ栄養が取れそうな味…。麦の香りがする。バターっていうからクドいのかと思いきや、あまり油脂っぽさは感じない。「ほんとにバター茶なの?」とか聞いちゃったくらい(笑)。

IMG_7054
「地球の歩き方」に載っている有名な「YAK BAR」にも行ってみましたよ。ビールは中国シェアナンバー・ワン(青島じゃないんだよ)の雪花。

IMG_7058
野菜炒め。きゅうりがドッサリなのが中国。

IMG_7059
ヤク肉ドカ盛り米線。熱々。

IMG_7060
安定の水餃子。

IMG_7179
シャングリラを去る前に最後に食べたカフェ飯。こういうのなんていうの? パンでもピザでもないサクサクした生地で野菜やチーズを挟んである食べ物(笑)。カフェ行かないから知らないんだよ。美味しかったけど。

IMG_7180
これはたしかポテトとチーズのスープ。
もっととろみがあるのかと思ったらサラッサラでコクがなかったのが残念。注文してからかなり待っても持ってこないので、「はいめいらいうぉだつぁい〜ぜんまら〜? うぉめいようしーじぇん」と催促したので煮込みを途中で切り上げたのかもしれないわ…。


ladyanahori at 13:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Share on Tumblr  | 雑談

昆明・麗江・シャングリラ個人旅行 メシ写! (麗江)

麗江では、毎日オサレな店でオサレなものを食べていました。オサレじゃない店を見つけるのが難しいんですよ。
IMG_6555
ホテルの朝ごはんもオサレに盛りたくなりますよ。

IMG_6641
白沙古鎮のクラフトビールがあるカフェのヤク肉ハンバーガー(の断面)。

IMG_6638
ず〜にゃん(クラフト)ビール。ジュースはなんの果汁だったか忘れた。

IMG_6687
古城内のレストランで竹筒飯。もち米を竹筒に詰めて蒸した雲南名物です。注文すると「てぃぇんだ? しぇんだ?」と訊かれたので「しぇんだ」を選択。しょっぱいヤツ。雲南ハムが入っていたかな。甘いのには、あんこが入っているらしいです。

IMG_6689
安定のトマト卵スープ。

IMG_6686
「風花雪月」ビールの名前とは思えない…。大理にできたカールスバーグの工場で作っているそうです。アルコール度数2.5ってアンタ…。全然足りないので「青稞酒」38度も飲みました。

IMG_6707
束河古鎮の宿の朝ごはん。卵とベーコンは着席してから焼いて持ってきてくれる。さすが英語しばりの宿です。

IMG_6860
ナシ族料理。玉龍雪山ガイドツアーで行った白沙古鎮のお店、すばらしかった!
糸のように細く千切りしたジャガイモをカリカリに揚げ焼きしてある。上にかかってるのは何かな…辛くはなかった。

IMG_6861
右上は豆の粉でできた軽いおせんべい。お茶はプーアール茶。

IMG_6862
ご飯がこれまた美味しいんだ。おひつに入ってるのがいいと思わない? お店の片隅に「秋田小町」って書いてある米袋(紫ベースにピンクと赤文字のヤンキーセンス炸裂)があったんだけど、これ、あきたこまちなのか?

IMG_6863
安定のホイコウロウ。葱たっぷり。香港人がモリモリ食べていました。

IMG_6864
わたしが一番気に入ってがっついちゃったのはこれ! きのこたっぷりの豚肉の炒めもの。いろんな種類のきのこがザックザク。ぶ厚い松茸もモリモリ入っていたので日本人らしく「松茸だ〜」って喜んでみましたよ。

IMG_6865
豆腐炒め。これまたすばらしい。うちで家常豆腐作るときはピーマンをたくさん入れてるんだけど、豆腐と葱だけでも美味しいね。

IMG_6866
出ました〜涼粉! 豆の粉で作ったくず餅のようなもの。ツルツルでうまいっす。

ああ〜、この店また行きたい。でも一人じゃこんなに注文できないわよね…。
そういえば、我々を運んでくれたドライバーもお店に一緒に入ったんだけど、どんなに食べるようにすすめても、お茶しか飲まなかったなぁ。どうでもいいことですが。






ladyanahori at 13:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Share on Tumblr  | 雑談

昆明・麗江・シャングリラ個人旅行 メシ写! (昆明)

雲南省といえば米線! 好物なので毎日食べても平気でしたわ。

IMG_6395
昆明の食堂で食べた鶏の米線。スープが感動的においしかった。奥にあるのはちょっと甘いパイ。サクサクでしたよ。

IMG_6396
10元だよこの米線! すばらしい…。強力にオススメいたします。

IMG_6480
朝はおかゆを食べました。間違いない味ですよ。

IMG_6482
これはきのこの米線。これまた、今思い出して叫びだしたくなるほど美味かった。

BlogPaint
場所はたぶんここだと思います。

ほぼ隣にはチェーンの定食屋さんもあって、ここも美味しかったですよ。写真撮り忘れてたんで、Jさんからもらった写真を貼ります…Jさん、いいよね?


定食
お肉の定食。骨付き鶏肉がガバッと盛られて豪華〜。野菜もたくさん。ごはんにかかってるタレの色を見てよ。美味しそうでしょ? 

定食
大理ビールはアルコール度数が低いので、酒が弱い人でも一本余裕で飲み干せます。(わたしには足りません)このお店は露天でも串焼きなどを売っていて、そっちも美味しそうだったな。屋台の食べ物はこわいけど、このお店のなら大丈夫だと思いますよ。

IMG_6438
さすが雲南で、小人国で食べた米線もハイクオリティ。スープがちゃんとしてるんですよ!

IMG_6547
石林の、モロ観光客用レストラン! だって、ちゃんと美味しかったです。とても上品な白菜のスープ。

IMG_6548
雲南ハムが入った炒飯。塩加減と、ご飯のパラリ具合が完璧なんだよ!
ホントに何食べても美味しくて、どうしよう…! と思ったなぁ。また行きたい。






ladyanahori at 12:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Share on Tumblr  | 雑談

中国雲南省 昆明・麗江・シャングリラ個人旅行 メシ写!

まず、中国東方航空の機内食から。

IMG_6385
羽田ー上海便の「肉」。魯肉飯です。茶色いカタマリは鉄砲漬け。

IMG_6386
同じ便の「魚」。白身魚の煮付け。ご飯が柔らかすぎなのが残念だったけど、味はマアマア。
たらこ入りポテサラが酒のあてになります。

IMG_6387

上海ー昆明便の「麺」と「ご飯」。ご飯の方は微妙な味のカレーライスです。スパイスの用い方が、インドじゃなくて中国なんだよね…。


ladyanahori at 11:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Share on Tumblr  | 雑談

2015年11月22日

中国雲南省 麗江 白沙古鎮 (ず〜にゃん!)

行った日 2015年9月21日 9月22日
IMG_6625
古鎮の中はこんな感じ。

IMG_6855
石畳が敷かれていい感じです。

IMG_6626

お店をやってるんだか、ひなたぼっこしてるだけなんだか、判然としない感じが(・∀・)イイ!!

IMG_6642
Jさんが借りた自転車、ずっと「なんだか乗りづらい」と訴えるので途中で取り替えてみたら、なんと後輪ブレーキがなかった! そりゃ乗りづらいわ! みなさんも借りるときによく確認してね!

IMG_6637
小腹がすいてきた頃あいに、ず〜にゃんぴ〜じょう〜! (=クラフトビール!) の看板を発見。

IMG_6635
ほどよい混み具合。入るしかねえ!

IMG_6638
美味かった! とにかく美味かった!(アル中なので味のコメントはできません)20元。

IMG_6633
この中でず〜にゃん(自醸)している! 感動。

ヤクのお肉のハンバーガーも美味しかったし、この店オススメです! …って、店の名前が写真に写ってないですね。サーセン! 古鎮の門を背にして右側。大丈夫、すぐわかりますよ。

IMG_6853
こちらはガイドさんたちと行ったナシ族料理のお店。ず〜にゃんのお店のすぐ近くです。

IMG_6868
トンパ文字。カワ(・∀・)イイ!!


IMG_6869

細か〜〜〜〜い彫刻がほどこされた扉。こんな美しいものが、ふきっさらしの屋外にあるんだよ!

IMG_6873
伝統的なナシ族の家。
刺繍工房とギャラリーになっていて、若い女の子たちがチクチク制作していた。細い糸を細い針で、生地をほんの少しずつすくって、ちくり、すぅ〜、ちくり、すぅ〜…。

あとで、刺繍のクッションカバーを売っているおばさんから、香港人2枚お買い上げ。すごくキレイだったなぁ。…わたしも買えばよかった。バカバカ!

IMG_6872
庭先に干してある大根と唐辛子がきれいだったので撮っていたら、家の人が照れくさそうだった。

BlogPaint
刺繍ギャラリーの玄関マットにわんこ。

白沙古鎮すっごく気に入りました。
次回はこの辺りに泊まって、ず〜にゃんのお店で思いっきり飲むぞ!



こんなところにも行きました。コスモスきれいだった〜!


















ladyanahori at 12:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Share on Tumblr  | 雑談

中国雲南省 麗江 白沙古鎮 (わんこと馬とおじさんと)

行った日 2015年9月21日
IMG_6624
白沙古鎮には2日連続で出かけました。
麗江に着いた日にレンタルバイクで。翌日は、玉龍雪山ガイドツアーのコースで。

BlogPaint
自転車レンタルを宿でお願いすると、オリジナルコースの地図をくれて、くわしく道順と見どころを説明してくれました…が、英語が流暢すぎてわたしの脳にはとどまらず(笑)。

BlogPaint
10数キロ走る感じで無理なく行こうと決め、いよいよ自転車を選ぶ。宿のは、むちゃくちゃかっこいいGIANTで、やった〜! と思ったら、Jさんには大きすぎて跨がれないことが判明し、街の貸し自転車屋でちょっと小さいのを借りて出発。50元。

IMG_6644
草原フッカフカですよ。


IMG_6658

一面みどりの中を、遠くに玉龍雪山と青い空を眺め、爽やかな風を受けながらのサイクリングです。んもう、これは心からオススメ! 絶対やったほうがいいよ、白沙古鎮サイクリング!


村人が遊んでいるところに入り込んでみたり、

IMG_6632

BlogPaint
かわいいワンコになつかれちゃったり


BlogPaint
馬をモフったりもできました。


IMG_6647
この馬は、なぜか道路の真ん中にいました。困り顔が カワ(・∀・)イイ!! 

IMG_6648
自転車を降りてモフってたら、走ってきた車が停まって、中からおじさんが。ヤバイ怒られる? 馬泥棒の容疑が!?

…と思ったら、おじさんサッサと馬を路肩の草の上に連れてって、地面に何かを突き刺し、石でゴンゴン! おおーそうか!「脱了吗?」「脱了」…馬を繋いでた杭が抜けちゃってたんですね。

馬を固定し終えて、おじさんは去っていった…カッコよかった!







ladyanahori at 12:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Share on Tumblr  | 雑談
無料ゲームで稼げる&高還元率ポイントサイト│ドル箱