SUPER SPIRIT FIGHTING 8
3月12日(火)
後楽園ホール
17:30開場 18:00試合開始

試合順、タイムテーブルはこちら!

メインイベント
フライ級 8回戦
◯藤岡奈穂子(竹原&畑山/WBC女子世界ミニマム級王者)
vs 4R 1.30 KO
Xマリベル・ラミレス(メキシコ/WBC女子世界Lフライ級15位)

【藤岡奈穂子コメント】
「今回はウエイトが増えたぶん、体重の乗ったパンチが打てました。パンチを見るという点では、
いつもよりちゃんと見れたと思います。打ち合いになりかけたとき、相手と一緒に振りが大きく
なるので、いいところでスコッと行きたいです。KOを狙っていたので、それができてよかった。
自分も(年齢的にも)残された時間は少ないので、ベルトを守るより(ベルト)の本数を
増やしたい。チャンスがあったらすぐにでもやりたいです」


※ここで竹原慎二会長がWBA女子世界スーパーフライ級王者・山口直子(白井・具志堅)への
挑戦を示唆。前向きに話が進んでいるという。

「自分はその前に、この前柴田直子選手(ワールドスポーツ)が負けたメキシカン
(イベス・サモラ/現WBC女子世界ライトフライ級王者)とやりたいですね。
それにはもっと体を大きくしないと。ただ大きくするんじゃなくて、スピードを落とさずに
しっかり体を作っていきたいです」


第6試合 60kg契約 8回戦
◯風神ライカ(竹原&畑山/OPBF女子ライト級王者)
vs判定3-0(79-74 80-74 79-74)
Xクリスティナ・サンチェス(メキシコ)

【風神ライカコメント】
「倒したかったけど、今日はいつもの悪い、ぐちゃぐちゃなボクシングをしないで、
ディフェンスとボクシングをやろうと思い、それに徹しました。
畑山(隆則トレーナー)さんから、1、2Rはジャブだけ、3、4Rはディフェンスだけに徹しろと
言われてて、6Rくらいから「行ってもいいよ」と言われ、指示通りには動けました。
世界を獲るためには、今までの倒しに行くだけのぐちゃぐちゃなボクシングではダメで、
今は自分のスタイルを変えてる途中。今回も課題はいっぱいありましたけど、
自分は「負けたら終わり」だという気持ちでいつもやっているので、とりあえず勝って、
次に進めたことはよかったです」

撮影 田栗かおる

CZ3C1731CZ3C1680CZ3C1829CZ3C1903CZ3C0591CZ3C0697CZ3C1097