Earnest Effort Thank You Father 2
8月2日(土)16:30開場 17:00試合開始
足立区総合スポーツセンター(竹ノ塚駅からバス) 

(C)JBC
1405997064_0sp
DSC_0001
DSC_0037
DSC_0049
1DSC_0003
1DSC_0002
1DSC_0015
DSC_0023
DSC_0025

【コメント】

柴田直子選手コメント
「明日は地元と足立区で開催という事で14度目の防衛の小関選手もまだ地元でやった事ないという中で、地元で試合が出来るという事は周りの支えもありますし、凄く感謝しています。地元だからと言って気負う事なく、今まで通りの今まで自分がやってきたボクシングをしっかりして、2回目の防衛ですけど、練習の成果をしっかり出して、良い結果を出したいなと思います。」

アナ・アナゾラ選手のコメント

「こんにちわ。私は初めて日本に来られて幸せです。しかし、これが最後ではありません。私は明日このタイトルを勝ち取って、絶対防衛を日本でしたいと思っています。どうもありがとうございました。」
小関桃選手のコメント
「明日は14度目の防衛ですが、仕上がりもコンディションも良いです。」

デニス・キャッスル選手のコメント
「この試合に向けて凄い練習をして来ました。明日はベストを尽くすだけです。この緑色のベルトを私の母国イギリスに持って帰りたいです。どうもありがとうございました。」
 
【検診の結果】
柴田直子
体温37.3 脈拍69 血圧131/86
アナ・アナゾラ
体温36.8 脈拍55 血圧105/65

小関桃
体温36.8 脈拍44 血圧119/84
デニス・キャッスル
体温36.9脈拍107 血圧119/79

全対戦カード&試合順はこちら!


☆ダブルメインイベント第2試合
IBF世界女子ライトフライ級タイトルマッチ 2分10R

柴田直子(王者/ワールドスポーツ/日本)15戦 12勝 (3KO) 2敗 48.1kg
vs
アナ・アラゾラ 【Ana Arrazola】(挑戦者/同級1位/WBF世界女子ライトフライ級王者/メキシコ)
※戦績30戦19勝(13KO)9敗2分 サウスポー 1980/3.1   48.8kg
※柴田直子2度目の防衛戦

☆ダブルメインイベント第1試合
☆WBC女子世界アトム級タイトルマッチ 2分10R

小関桃(王者/青木) 18-2-1  45.9kg
vs
デニス・キャッスル(同級2位/英国)2-0  1971/12.24  45.7kg
※小関桃14度目の防衛戦

デニス選手のボクシング2戦目 2014.4.11タイ・ノンタブリ


デニス選手のボクシングデビュー戦 2014.4.9 タイ・バンコクMBK


デニス・キャッスル選手は(旧姓メラー)(元WBCムエタイ女子インターナショナルミニフライ級王者)で2011年10月に神村エリカ選手と対戦し、1R90秒でTKO負け。



Nancy Franco vs Ana Arrazola 2013.5/17(1〜順番に見てください)



柴田直子世界王座を奪取した試合


(C)ワールドスポーツ
56)