J-NETWORK『J-FIGHT&J-GIRLS 2018~1st』

2018年2月25日(日)東京・新宿FACE

開場:17:00 試合開始:17:30(予定)

☆過去1勝1敗、3度目の対決は5
.27新宿FACE大会で開催!

☆J-GIRLSフェザー級タイトルマッチ2分5R
空手こまち[からて こまち](武心会/J-GIRLSフェザー級1位)
vs
浅井春香 [あさい はるか](Kick Box/J-GIRLSフェザー級2位)
k4

☆第11試合 J-GIRLSフェザー級王座決定トーナメント 一回戦 サバイバルマッチ1

◯空手こまち[からて こまち](武心会/J-GIRLSフェザー級1位)pass
vs判定3-0(29-28 29-28 29-28)

X熊谷麻理奈[くまがい まりな](WSR札幌ジム/J-GIRLSフェザー級5位)pass
※熊谷麻理奈は2Rにダウン1

大石綾乃(OISHI GYM)が王座を返上し、空位となったJ-GIRLSフェザー級王座を懸けて開始したトーナメント一回戦 空手こまち(武心会)vs熊谷麻理奈(WSR札幌)の対戦。


1R 足を使い体をくねらせながら前に出るこまち。熊谷は距離を取りながらジャブ、ミドル、ワンツーでこまちにクリーンヒットを許さない。

2R セコンドから「デンプシー!」の指示が飛び、こまちはさらに積極的に前に出る。熊谷は1R同様前蹴りなどで距離を取り、頭を低くするこまちに膝蹴りを放っていく。こまちはそれでも前に出て、2R終了間際にワンツーでダウンを奪う。

3R 熊谷がワンツーからミドルでポイントを奪い返しに来る。こまちも前に出てワンツー、ハイキックを繰り出す。熊谷も必死で前に出たがこまちが逃げ切りタイトルマッチへ駒を進めた。

試合後、同じくトーナメント勝ち上がりを決めた浅井春香(Kick Box)が登壇。未奈の欠場により不戦勝でタイトルマッチ進出となった浅井は「今日は自分のために時間を作って来ていただいた方がたくさんいたので残念です。試合が出来なかったんですごく消化不良なんですけど、次の試合に2試合分の力をぶつけていきたいと思っていますので、引き続き応援とサポートをお願いします」とコメント。

こまちは「空手こまち史上初、80人近いお客さんが私のために見に来てくださっています。本当はKOして華麗に勝って次につなげる試合をしたかったんですけど、不甲斐ない試合をしてしまいました。次、ベルトを懸けた試合があります。それまでには空手で言う一本で勝てるようにしますので応援よろしくお願いします。」とKO勝ちでの王座奪取を宣言した。

 k1
k2
k3
k4

j2

☆第10試合 J-GIRLSフェザー級王座決定トーナメント 一回戦 サバイバルマッチ1

◯浅井春香 [あさい はるか](Kick Box/J-GIRLSフェザー級2位)
vs不戦勝(未奈がインフルエンザの為)

X未奈[みな](SB・秀晃道場/J-GIRLSフェザー級3位 SB日本女子バンタム級2位)


☆第1試合 45kg契約 2分3R

X愛果[あいか](リアルディール)
vs判定0-2(29-30 28-29 29-29)

◯MIREY[みれい](HIDE GYM)


☆J-GIRLSフェザー級王者・大石綾乃(OISHI GYM)が引退の為ベルトを返上。空位となった王座を懸け、J-GIRLSフェザー級王座決定トーナメントが開幕することが決定した。一回戦第2グループとして浅井春香(Kick Box/J-GIRLSフェザー級2位)vs未奈(SB・秀晃道場/J-GIRLSフェザー級3位 SB日本女子バンタム級2位)の対戦が決定。
 

浅井は2015年11月のJ-GIRLSランキング査定試合に勝利し、ランキング入り。昨年8月にはフェザー級に階級を上げてから負け無しと好調を維持したまま、前王者の大石綾乃の保持するベルトへ挑戦。判定2-1で敗れはしたものの、二冠王の大石に激しい攻防を繰り広げ善戦した実力者。
 

対する未奈は2010年10月にJ-GIRLSでプロデビューし、女子離れしたパンチ力で“剛腕美人女子大生シュートボクサー”として注目され、超アグレッシブファイトを仕掛けるファイトスタイルで活躍したが、2014年9月の試合を最後にリングから離れた。昨年8月にJ-GIRLSで約2年ぶりに復帰を果たし、今年6月のBOUT、7月のSBで勝利している。


共に前戦では敗戦している両者。復活の狼煙を上げトーナメント決勝へ進むのは、タイトルマッチ経験者の浅井か?“東北の豪腕美女”未奈か?!
jjj

☆J-GIRLSフェザー級王者・大石綾乃(OISHI GYM)が引退の為ベルトを返上。空位となった王座を懸け、J-GIRLSフェザー級王座決定トーナメントが開幕することが決定した。一回戦第1グループとして空手こまち(武心会/J-GIRSフェザー級1位)vs熊谷麻理奈(WSR札幌ジム/J-GIRLSフェザー級5位)の対戦が決定した。

 

こまちは極真館空手で全日本王者になるなど空手で数々のタイトルを獲得。ゴングと同時にガンガン前に出る突貫ファイトで会場を沸かせるなど活躍を見せ、今年4月には前王者・大石とタイトルマッチで対戦経験のある浅井春香を2RTKOで下している。

対する熊谷は全日本ボクシング選手権2012準優勝の実績を持ち、今年7月にはベテランの小澤聡子を判定で下している。


空位の王座に一歩近づくのはこまちか?熊谷か?!

(C)J-NETWORK
j1

<2018年J-NETWORK大会日程>
2/25(日)新宿FACE/昼SHINING☆STAR・夜J-FIGHT&J-GIRLS

3/4 (日)後楽園ホール/夜J-KICK
3/18(日)大森ゴールドジム/昼夜J-GROW
5/6 (日)後楽園ホール/夜J-KICK
5/27(日)新宿FACE/昼J-GROW・夜J-FIGHT&J-GIRLS
7/8 (日)大森ゴールドジム/昼夜J-GROW
8/19(日)後楽園ホール/夜J-KICK
9/30(日)新宿FACE/昼J-FIGHT&J-GIRLS・夜J-FIGHT
10/20(土)後楽園ホール/夜J-KICK
11/4 (日)大森ゴールドジム/昼夜J-GROW
11/18(日)新宿FACE/昼J-FIGHT&J-GIRLS・夜J-FIGHT
12/16(日)新宿FACE/昼J-NEXUS・夜J-NEXUS
(C)J-NETWORK

J2