『RISE128』
2018年11月2日(金)東京・後楽園ホール

開場17時/本戦開始18時 ※開場後17時15分よりオープニングファイト予定

☆空手こまちコメント

「空手家として一戦一戦立ち向かうというのは思っていたんですけど、J-GIRLSのチャンピオンという立場もあったのでKOで終わりたかったんですけど、相手が強かったと思いました。(村上選手の印象)パンチが当たっていたと思ったんですけど、心がとても強くて、これから強い選手になって行くと思います。手足が長かったので自分の距離で戦うというのは練習してきました。(アグレッシブな戦いがRISEに合っていると思うが?)そうですか(笑)。またリングでいつお会い出来るかわかりませんが、皆さんとお会い出来たら良いと思います。 (抜粋)」

DSC_0273

☆第4試合 -58kg契約 3分3R
◯空手こまち(J-GIRLSフェザー級王者/武心会)57.90kg
vs判定2-0(29-28 29-29 30-29)
X村上悠佳(TEAM TEPPEN)57.55kg
※2R掴みからヒザで村上に注意

☆J-GIRLSフェザー級王者になって初のキック戦の空手こまちvs僅か2戦目で王者に挑む村上悠佳の一戦。
1R開始、声を出して前蹴りから入る村上に空手こまちはパンチ狙い。
村上の前蹴り〜ミドルに対し、こまちは右アッパーで顎を払う。
1Rお互い激しい打ち合いで終了。
2Rも動きながらフック狙いそしてアッパーからボディとパンチ中心のこまちに対し、村上の左ミドルにテンカオで反撃。
3R、動きの落ちた村上にこまちがパンチを集める。終盤リードした空手こまちが2-0の判定ながら王者の貫禄を見せた。

DSC_0023
DSC_0029
DSC_0067
DSC_0073
DSC_0077
DSC_0088
DSC_0090
DSC_0096
DSC_0104
DSC_0106
DSC_0111
DSC_0119
DSC_0125
DSC_0127
DSC_0134
DSC_0147
DSC_0148
DSC_0159
DSC_0163
DSC_0206
DSC_0227
DSC_0260
DSC_0264